〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年2月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/07 気持ちすっきり。。(笑)
2020/07/06 雑感
2020/06/28 いろいろあります。。笑
2020/06/21 階段を下る
2020/06/17 自然対教育

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2010/02/14(日) 自分に勝つということ
けさ、パラリンピックの選手のことを考えていて、「自分に勝つ」と書いて、すぐに、自分が「ひまわりの会」で考えていることとは矛盾していることに気づいた。会では、自分に勝つースポ魂賞賛に反対しているのである。矛盾がどこから来ているのか、と考えて、すべての人間は、公と私の部分をあわせもって、ひとつの存在となるのでは、と思いついた。大きな女優なりがマスコミでとりあげられると、まるで、自分だけが一抜けた、自分は劣等感を克服した「勝ち組」という態度でとりあげられるのである。私は、それは傲慢だと考える。自分だけが劣等感を克服しているで満足してしまえば、悩みの再生産はとめられず、それは一人の人間がもっている「公」の部分を無視する態度ではないだろうか。身体障害者が障害を克服してーつまり自分に勝って、競技大会に出て活躍するのは、一人の人間の「公」の部分が直接的に見るものに迫ってくるからではないだろうか。かれらの存在自体が「公」の意味をもっている??? 

マスコミにとりあげられる人間だけが公人なのではない。すべての人間が、公と私の部分をもち、その両方のバランスをとりながら、生きていくべきなのではないか。とかく、個人的戦略のみで目立つ人間を、成功者として、メディアはとりあげたがる。公器であるメディアの貧困さと呼ぶべきだろう。自分に勝つことを、より広い文脈でとらえて、自分の生がどんな意味をもつのか、を見据えること。。。それが、生まれてきたすべての人に役割が与えられている、という意味かも知れない。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.