〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年3月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/01/02 新年雑念
2018/12/31 年の瀬
2018/12/25 クリスマスの朝
2018/12/22 どあほめ(怒)
2018/12/19 雑感

直接移動: 20191 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2010/03/30(火) たった一人の反乱
という番組を見た。食肉偽装を内部告発した人のドキュメンタリーである。見終わって、ほんとに腹立たしく、そのうち腹立たしさを越えて、ほんとにむなしくなった。(悲)告発した人が、番組の最後に、自分の行為を振り返って、寂しい、むなしい、と言ったからである。肉を少しでも安く売るために、塩素で色を抜き、血液製剤を使って色をつけ、豚肉を牛肉と偽って売ることに悩み、内部告発したことをなぜ悔やまねばならぬのか。人として当然のことをしただけではないか。告発しようにも、最初、役所も保健所も、まともにはとりあおうとはしなかった。自分が火の粉をかぶるのがいやだからである。やっと新聞がとりあげたとなると、消費者から、別に病気になったわけではないのに、と非難されたという。匿名のいやがらせの電話がひっきりなしにかかり、マスコミはおしかけ、家族とははなればなれになったという。それで、寂しく、むなしい。。。バカじゃないか、と思った。日本に民主主義はあるのか。社会とは、たった一人でも、するべきことをした人間を守れる力がなければならない。。守るのが家族であり、マスコミではないのか。告発者は、会社がつぶれ、同僚が職を失ったことを悔やんでいた。甘いんだよ。長いものには巻かれよと、悪いことを知りながらやってた人間のほうが悪いんだよ。この会社は腐ってると思えば、さっさと逃げる覚悟で、自分の身の振り方を考えねばならぬ。腐った悪いことを平気でする人間に、どんなに尽くしても、自分を助けてくれることは絶対にないのだから。腐った人間とは、そんなものだ。私が一人反乱を起こした給料課を見てみよ(笑)。相変わらず腐ってる模様で、問題は続いていると聞いている。あの手の人間は、どこまでも腐り続ける。腐っているのが、かれらが誇りとするアイデンティティである。それにしても番組の最後に、司会者が、もっともらしい顔をして、「自分にも同じことができただろうか」と問うたので、ますます嫌気がさした。悪いことは悪いと訴えねばならないのである。自分たちが自浄作用をもち、自分たちの社会を自分の手で作っていくーそれが民主主義社会である。正しいことをしたら、マスコミやら匿名の人間が一体となって、いじめにかかる。日本ってほんとに情けない社会だ。そういえば、こちらでは、毎年1回受けねばならぬ公務員の倫理試験で、去年の試験には、内部告発ーつまりwhistle blowingのやり方が出ていた。内部告発をしたものをいじめてはいけない、調査が入ったときは、こういう態度で臨め、告発者をいじめるのは犯罪である、と出ていた。この視点から見ると、日本は、民主主義社会どころか、まぎれもなく犯罪社会である。(怒悲)

2010/03/26(金) 風呂敷考
その家に子供がいるかどうかは、ごみの量でわかると思う。夫婦だけの家は、ごみがほとんどない。ほぼからっぽのごみ箱を市のトラックに回収してもらうのも、ごみいっぱいのごみ箱を回収してもらうのも同じ値段なのだから、と、運動を兼ねて、時々、家の近所の通りを歩いて、道路に落ちているごみ拾いをする。30分も歩けば、大きなごみ袋はいっぱいになる。(怒)ごみから、人間の生活が見えてくる??(笑)一番腹立たしいのは、プラスチックの袋である。薄いから、よく飛ぶし、すぐに破れる。ごみを増やすだけの袋である。いい加減に、このプラスチックの袋を全面禁止にしてもらいたいものだ、と考えながら、ごみ拾いをしていると、まずは自分から、と、風呂敷を使うことを思いついた。風呂敷はほんとに便利だ。大きな本5冊を包んでも破れるわけでなし、車社会では、基本的に運んでくれるのは車なのだから、風呂敷包みをもって歩く距離も知れている。これからは、服の買い物に行っても、風呂敷に包もうと考えている。服屋の紙袋なんて無用の長物だ。(笑)で、思うのだが、風呂敷が日本のものだ、みたいなことを言えば、外国嫌いのアメリカ人のこと、嫌がって見向きもしないだろう。でも、本質的な価値ーつまりごみを出さないーを追求するものだと見れば、うけいれも可能ではないだろうか。「日本のもの」と特殊に考えるのではなく、普遍的価値をもっているものと考える。だって、アジアアフリカ諸国を回れば、布に物を包むなんて、日常のことに違いないはずである。よし今度、日本に帰ったら、風呂敷を2つ、3つ買ってこよう。ピンクや黄色の、持っていたらますます楽しくなるようなもの。(笑)日常の小さなことを楽しむこと、そしてありふれた楽しみの中に、自分の生を、自分のできる範囲で最大限に生かすこと。生きている喜びは、そんな小さなもののなかにあると思うから。

2010/03/22(月) 駆け引き
今日、職場でぎょっとした。隣のキュービクルから、私がぶっとばしたバカ女の声が聞こえてくるではないか。何やってん、ここで、と思って、隣をのぞいてみると、なんと女の娘だった。(笑)そっくりの声を出すのである。親子とはこういうものかと、離婚した友達が別れた男に似てきた娘のことをぶつぶつ言ったのもいっしょに思い出して、笑ってしまった。(笑)それにしても、この娘は、私が訴えを出した去年から、時々ここで働いている。日本なら、母親が部下から訴えられて冷や飯を食わされている職場に娘が来て働くなんてことは起こらないのではないか。恥ずかしいとかなんとか。。アメリカでは、親と子はしっかりと切り離されている。親子の切り離しがいいのかどうか、いまだに私などは疑問に思うが。。。でも、こういうのは、上に立つものからすれば、ふっとんだバカ女に対する温情というより、戦略なのである。これ以上、女がごたごた言わないように、というだめ押しの戦略である。何かまたごたついたら、娘を働かせてやったじゃないか、といえるようにしてあるのである。私なら言うよな。(笑)そのあたり、あめとむちの計算づくでアメリカ人は動き、システムは作られていく。そういう風に考えると、ニュースに流れていた日本の首相が自衛隊に向かってした演説ー日米同盟は堅持するとかなんとか。笑ってしまった。当初の勢いからは大きな方向転換で、アメリカから脅されたのは丸見えではないか。この言葉で、沖縄の基地問題を乗り切るつもり???じゃあ、なんのために、これまでがたがたと騒いできたのか。決定的に欠けているのは、勝つための計算づくめの駆け引きである。少なくとも国民には、勝つために駆け引きやってるから、と最後まで幻想を抱かせるだけの手管を使えよ。。国民に、トラストミーと言ってみろ。(笑)交渉相手のアメリカに言ってしまって、脅されて、のっぴきならないところまで追い詰められたことを、へらへらと大きな顔をして表にさらせるものだ。日本の政治家が裏切っているのは国民である。話にならない。(悲)

2010/03/18(木) やったあ!!!
今日、久しぶりにニュースを見ていてうれしくなった。あの青臭い運輸大臣?が、なんとアメリカに新幹線を売り込むというではないか。やったあ。。そうだ、車より鉄道だ!!!(笑)私は、全米鉄道促進クラブの会員である!!!まじで。。車には、車より鉄道を、というステッカーが張ってある(笑)でもなあ、どこに走らせるのかなあ。。。貨物列車通過のために、勝手にどこにでもとまって、スケジュール通りに走らないアムトラック路線に走らせるとは思えないなあ。。(悲)やっぱり東海岸のニューヨークーワシントン間って感じかなあ。。。でも、日本の鉄道技術がアメリカに乗り込むかも、と思うと、ほんとにうれしい。シカゴに向かうメトラの車両は、日本車両が作っているので、メトラに乗るたびに、るんるん気分になる。(笑)社長は、同じ外大出身で、年に二度ほど顔を見るたびに、車より絶対に電車ですよね、と声をかける。(笑)普遍的な価値を追求する意味で、車より絶対に電車である。なのに。。このあいだ、ニュースを見てたら、日本の地方空港が苦戦している、と流れていた。あほ。。。あんな小さな狭い国で、車、車、高速無料とあおるのはバカと思っていたが、車に加えて、地方空港から飛行機だって。。誰が乗るねん。。小さな国土を、車と鉄道と飛行機が客の取り合いをする???ばかな話だ。でかいアメリカの真似をするな。。あの国には総合的な交通運輸政策というものがないのか、と腹をたてていたが、とりあえず、今日は腹立ちを忘れて、にこにこ。。。新幹線よ、がんばれ!!!トヨタをぶっとばせ!!!(笑)

2010/03/17(水) 愛国心
窓際族の職場でファイルを片付けていると、初めて、占領軍にいた人のファイルにぶつかった。陸軍に入り、1946年9月から1947年12月まで、東京の本部にいたとある。アメリカでは、軍歴があると、大学の学費も免除される?し、就職も有利になるのでは??? もちろん税金控除?もある??? 年金システムはよく知らないが、少なくとも墓地もすでに用意されているから、死後の居場所も心配しなくてもいい。(笑)高校卒業時には、娘にもいっぱい、海兵隊だったか、州兵だったか、リクルートのパンフレットが送られてきた。アメリカでは、そうやって国民に総動員をかける。日本でも、自衛隊に入隊すれば、その職歴は、除隊したあともずっとついて回って、就職やら税金の支払いに有利?になるシステムになっているのだろうか。軍にはいって、無事に健康体で戻ってき、その後の人生を楽しむことができたら、軍に入って、国の命をささげようとしたということは、十二分に尊敬に値するということは十分に理解できる。それは、健康体で軍服をぬぐことができた人の、そして第三者の無責任な賞賛であることも、十二分に理解できる。でも、もし健康を失って、一生、軍に縛られることになったら。。。(悲)
一つだけはっきり思うことー外国まで行って、サッカーだか野球の試合を応援するのに、日の丸の旗を振って喜んでいる能天気な日本人とは、まったく「愛国心」の質が違うということである。
義父のお兄さんは、海軍の占領軍の一人として、広島へ行き、原爆の調査をした人である。いまだに広島の話をしたがる。軍人となった経験が、その人の国や、かつて敵国だった国に対してどんな思いを抱かせるのか。このファイルの人に会って、話を聞いてみたくなった。1928年生まれ。今年82歳か。まだ存命してるかも、と思って電話帳を繰ってみた。いた、いた。。近所にまだ奥さんといっしょにいる模様。。(笑)とまで書いて、思いだしたことがある。昔、サウスダコタにいたとき、フィリピンで日本兵と戦ったというインディアンの人のことを知った。インディアンのラコタ語を暗号にして使い、戦ったという。ぜひ話を聞かせてもらいたい、と思って、何度も電話した。でも、いつも、何やかんやとはぐらかされ、会ってはもらえなかった。日本人なんかに会いたくなかったのである。戦争を知らない私のような日本人は、知らないからこそ、戦争を平気で口にできるのかも知れない。戦場に行った人の気持ちは、行った人でしかわからないし、人それぞれだろう。ああ、この近所にいる人も、知らん顔、しとこ。。この世代がいなくなったあとかもな、日本がもしかしてアメリカと同じ土壌に立たせてもらえるのは。。。(笑)

2010/03/15(月) 日米関係
暇だから、目のことは気になりながらも、最近けっこう図書館に出かけていく。で、アメリカという国が収集している情報量にほんとにびっくりする。シカゴにあった小さな団体の大昔の会議録のメモから、1890年にアメリカにいた日本人が英語がわかったかどうかまで。。ここまで調べて、残しておかねばならないものか、と思うが、この国と人間が自分が勝つための戦略を考える国だと思うと、納得がいく。その一方、このあいだニュースで、日米間の核持込密約の書類は、アメリカではすぐに見つかったが、日本では100人体制であっちこっちを探し回っても見つからなかった、と流れていた。見かけだけを気にし、本質の追求をしない日本人らしいと思った。こんな紙切れ、誰の目にも触れなかったら、それですむんだよ、という事なかれ主義である。結局、非核三原則を主張、世界でたった一つの被爆国を謳ってきたわりには、国のトップから腐っていたことがあらわになったわけだ。情けない。その上、核拡散反対という、日本人がこれまでいやというほど主張しただろう理由で、オバマさんにノーベル平和賞をさらわれるという始末で、空回りにもほどがある。日本の存在感のなさにはうんざりである。(怒)そのくせ、きのう、日米同盟50年討論というテレビ番組があって、視聴者やら専門家が出て、いろいろ大声で話していた。アメリカはテロ国家なんですよ、とわめく視聴者の参加者に、専門家はうんざりした顔を見せていたが、結局、アメリカから見ていると、日本人はアメリカがさっぱりわかっていないな、という印象しか持てなかった。どんなに日本人がわめいても、答えは一つ。日本は敗戦国なのである。この歴史的事実が揺らぐことはない。それも小さな領土の国である。力はまったくない。攻撃されたら、終わりである。アメリカは、パターナリスティックな国だ。自分の言うことを聞く人間と国には、助けを惜しまない。でも、少しでも反抗のしぐさを見せれば。。集めたあらゆる情報を使って、口を封じる戦略を練るだろう。敗戦国で、憲法9条があって、世界唯一の被爆国だから非核三原則を建前としては謳わねばならない、で、核を持つぞと世界に脅しをきかせられない状況であることをまっすぐに受け止めて、逆に、パターナリスティックなアメリカを思う存分利用する戦略を練ってみろ。面従背反?(まちがってるのはわかるけれど、正しい言葉がわからず。。悲笑)で、アルカイーダと勝手につながる???(笑)面従背反?でいいのである。アメリカは、そのくらいのことは折込ずみで計算して、他国に覇権を伸ばす。一方、日本人は、すぐに美辞麗句を振りかざし、おセンチに考えたがる。マスコミが大好きな、戦前の「青い目の人形」と答礼人形騒ぎもそう。アメリカ人の意図をわざわざ自分たちに都合のいいように曲解して、あまあく日米関係を考えることで、一人、悦に入っている。まあ、人形なら、日米の誤解の塊でも実害はないだろうが、日米同盟とやらはなあ。。いつか思いっきり書いてみたいものだ。

2010/03/14(日) 春だアー恋の季節
毎朝、起きたら、まず庭に出る季節がやってきた。ああ、うれしい。新しい恋の季節である。(笑)新しい芽が顔を出していないか、土を見て回るのである。ああ、いた、いた。。と見つけたときは、どんなにうれしいことか。恋敵はロリコンりすである。(笑)やつら、チューリップの新芽をぱくぱく食べる。もうすでにだいぶやられている。かわいそう。何のために、がんばって春を待っていたのか。(佐渡で、テンとやらに、喉をかききられたというトキもかわいそう悲)ところが、りすは水仙には一切手を出さない。水仙のDNAをとりいれたハイブリッドのチューリップを作ってほしいものだ。そういえば、恋の季節は誰にとっても同じなのか、このあいだ、久しぶりの人から電話があった。まずは、カリフォルニアの75歳の事業家から。台湾へ出張へ行って、ひょんなことから、28歳ぐらいの若い台湾女性を車の中でひざに乗せるはめになったという。それがねえ、たかこさん、かまくびが。。。、仕方ないから、携帯を取るからと言い訳をして、右手をズボンの右ポケットに入れて、どうのこうの、左手で、左のポケットから携帯を出して。。と微に入り細に入りで、75歳が57歳になった気分でしたわ、ちっちゃなかわいいお尻なんですよ、と大喜びではないか。私は下ネタでもなんでもOKだから、いっしょに大笑いした。75歳にしたら、57歳は若いんだろうなあ。。ああ、ほぼ今の私の年齢である。今を楽しまなくちゃ、順調にいけば、75歳はすぐに来る。。。(悲)もう一人は、バンクーバーから。10年ほど前に離婚して一人暮らししているピアノの先生である。彼女は、リンカーンをラバー(愛人)と呼ぶ。そして、図書館からありとあらゆるリンカーンの本を借り出してきて、読んで、一人で泣いてるそうな。リンカーンは彼女にとってパーフェクトマンだそうな。私は、そうは思わない、と言う必要もないので、じゃあ、リンカーンのお墓参りにつきあうよ、と言ってしまった。もし行くことになったら、私の墓参りは3度目だあ。。涙は一滴も出ないけれど。(笑)恋は大事である。生きるエネルギーの源である。これからは、私も15歳の処女のつもりでがんばります、とカリフォルニアの事業家に言うと、黙ってしまった。(笑)ふん、男の75歳が57歳になるのはいいけれど、女はだめ???やっぱり男は勝手だ(笑)リンカーンほど頭はよくなくてもいいけれど、もっと魅力的な人を探しにシカゴの図書館まで行ってこよう。。(笑) 

2010/03/10(水) 不幸中の幸い
きのう、目のチェックに行った。お医者が、あなたは明日、スターになりますよ、夜、くしゃみが出るかも、と笑った。(笑)どうやら、今晩、網膜専門医の集まりがあって、面白い事例を紹介しあうらしい。で、私がそのサンプルとして登場する。(笑)で、思わず、私の目の何がそんなに面白かったんですか、と聞いてしまった。すると、従来の機械では、私の目の状況は、手術が必要かどうかすぐに判断できず、たぶん、もう1ヶ月待ってみましょう、という診断になっていただろうという。ところが、私が病院に出かけた最初の日が、なんと新しい機械が搬入された日で、私が最初の患者となった。おかげで機械は、私の症状をはっきりと3次元で写しだし、穴を見つけることができたから、これは手術だと判断できた、と、機械の優秀性を示すサンプルになるというのである。先生、業者からお金もらったの???(笑)要するに、穴の上に、網膜がかさぶたのようになって穴におおいかぶさり、穴を隠すようになっていたらしい。さすが、頑固者の目だ。目の網膜まで、一筋縄ではいかないようにできている。(笑)で、従来の機械では、かさぶたを映し出すだけで、穴が見えず、診断がむずかしかった。手術前には、焦点付近のゆがみはかなり悪くなっていたから、あれから1ヶ月待て、は、かなりきつかっただろう。新しい機械のおかげで、すぐに手術の診断が出て、ほんとによかった。不幸中の幸いである。ガス玉のせいで、網膜はかなり腫れたいたが、きのうの時点は、少し腫れがひいていたらしい。それもコンピュータで見せてもらったが、3週間前の写真と、腫れの差はさっぱりわからず。。(笑)でも、視力の回復はまだまだである。(悲)知らない道を車が運転できるぐらい、戻ればいいけどな。戻らなかったら。。。それもまた運命で、受け入れて、元気よく生きるしかないや。ゆがみがかなりなくなっただけでも感謝である。それにしても、お医者は、きのうは帰りしなだけでも、3回も手を出して、握手した。発表に足る頑固者の事例にめぐりあえて、うれしかったのかも???頑固者でも、人の役に立つことができる???(笑)

2010/03/06(土) 春だア!
もう身体がいらいらしている。動きたくて、動きたくて。。(そういえば、もと野球の選手が修士論文を書いて、一番大変だったのは、机に座っていることだった、とニュースに流れていた。笑ってしまった。気持はよく分かる。(笑)

今年の冬はほんとに大変だった。考えてみれば、去年の夏、1週間ほど日本へ行ったきり、どこへも飛ばず(あ、もしかして、ワシントンへは週末でかけたかも。。笑)、この田舎町にこもっていた。冬は、目の手術で、ほぼ1ケ月、どこへもいけず、家に閉じこもっていたし。。でもやっと、庭をぶらぶらできる季節となった。やったあ。。(笑)それでも気温は、まだ氷点下ぎりぎり。でも、陽光で、雪はやっとそろそろ消えるだろう。春だあ。。庭を歩いてみたが、まだ芽は何も出ていない。部屋で楽しんだ水仙とチューリップの球根を土に戻したいのだが、庭はまだまだ凍土!!!(笑)でも、やっと春が来たのだから、どこかに出かけたい。でも目が悪いので、まだまだ見知らぬ土地へはドライブできない。それが悲しい。。知らない土地に向かって、びょ〜〜〜んと誰もいない道をぶっとばしたいのになあ。。今の目標は、ウィスコンシンのインディアン居留地へ!!!早く新しい世界がのぞきたいなあ。。また新しい季節が到来したのだから。

2010/03/05(金) こりゃだめだ。堕ちた日本。
ニュースより。

駐日アメリカ大使が、具体的に何かありませんか。私を信頼して(トラスト・ミー)。どこにも漏らしません」と語ったら、官房長官が、 「トラスト・ミー」と応じ、検討状況の詳細は語らなかったという。平野氏は会見で「相づちの言葉として、トラスト・ミーと(言った)。私が(ルース氏に検討状況の詳細を)言っていないことを証明する言葉だ」と説明した。

あほ。相づちで、トラストミーと言うか。トラストミーが、アメリカ人に検討状況の詳細を言っていないことを証明する言葉??? 何だそりゃ。あほ。トラストミーと言えば、あんたらが満足するように、私がうまくもっていくから、という意味だ。詳細を言ってないことを証明する???それって、日本サイドの勝手な解釈だろ。またトラストミーといってしまって、よかったのか??? アメリカを喜ばせるつもりなのか?? アメリカにトラストミーと言うとは、それこそとりわけ沖縄への裏切りではないのか。トラストミーと言ったと公表するとは、裏切りを公表しているようなものだ。アメリカにトラストミーということを、その程度にしか理解できない程度の人間が、政治家やって、外交交渉をやってるのか。あほなことだ。アメリカ側はすでに、日本のことなどトラストしてないよ。ぜんぜん。切り捨ててるよ。首相は、政治力ゼロのようで。政治力とは、自分に反対する人間を抑えこむ力のことだ。オバマさんだって、政治力がないことが露呈して、もう国民から見捨てられている。やっぱり経験がないと、老練な政治家たちを押えこめないのだ。理念だけでは、やっぱり政治は成立しないのだ。で、汚くなっていく。金が動く。人が動く。12億円を親からもらっても知らなかったと言える程度の、能天気な人間では、やっぱり政治はできないんだ。。貧乏で、なにくそ、と、下から汚いことを平気でやって、はいあがっていくような人間じゃないと。
日本よ、潔く沈没せよ。また、一からはいあがればいいではないか。それにしても、戦後教育は失敗したよなあ。天皇家の娘でも、不登校になるような社会だからなあ。(笑)日本が、たとえいっときでも、ジャパンアズナンバーワンとまで言われるようになったのは、敗戦時に17歳だった、戦前の教育を受けた父親の世代の敗戦国民の意地があったからだ。戦前の教育を全否定させることで、今の日本社会を作ったのは、アメリカの謀略だろう。(笑)敗戦国民の意地を知らぬ人間は戦えない。戦うことを知らない。せいぜい、人をいじめて、自分の小さな力を確認して、ほくそえむ程度だ。天皇家の娘でもいじめられるとは、失敗した戦後教育の見本みたいな話だ。で、その失敗した戦後教育で育った政治家たちは、わけのわからぬツラストミーを連発して、ますます日本は小さくなっていく。。今頃、アメリカも、おかしなものを抱えこんでしまったなあ。。いつごろ、どこで切り捨てようか、と戦略を練っているに違いない。沖縄を返還してもらうのに、100億ドル?ものお金がアメリカに渡ったとか。このさい、どうしても沖縄が欲しいのなら、アメリカは、ぼんくら首相の頭をとびこして、そのお金をそのまま沖縄に返還するから、基地を使わせろという密約を沖縄県とでも結べばいいのでは???(笑)それとも、全国から米軍基地を全部引き揚げる??? それも面白い。。新しい日本史の幕開けではないか。第二の縄文時代!!(笑)

2010/03/01(月) 職場復帰
ほぼ1ケ月ぶりに職場へ。いろんな人が、welcome backと言ってくれた。外交辞令でも感謝。(笑)ある男性などは、ハグまでしてくれた。あれは、外交辞令ではできないな。(笑)でもはやり、職場は疲れる。すぐに、右目がいやや、といいはじめた。それで、11時から2時間半ほどいただけで退散。あとは病欠。。無理はしない、が鉄則である。誰も気にしないところが、これまた天国だあ。。(笑)明日から、机のそばにおく鉢植えをもっていくことにした。私がいないときに、コンピュータのアップグレードがあったようで、任されている月間レポートを作ろうにも、システムがうまく働かない。アップグレードするたびに、不具合が生じるコンピュータである。窓際族にはぴったりのコンピュータなのだが、直しを待っているあいだ、鉢植えの緑でも見て、目を休ませよう、という魂胆である。とにかく目が疲れることだけはするまい。。明日は、何時間、もつかなあ??? (笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.