〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年8月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/15 人間哀し。。。
2019/12/11 ショック!!
2019/12/08 感動!!(笑)
2019/12/05 ごみ戦争?(笑)
2019/12/04 進化するということ

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2010/08/31(火) 都会生活
きのう、シカゴ市内を走っていて、行きたいと思いながら、行ったことがなかった通りに偶然迷い込んだ。これ幸いに、と、車をマクドナルドの駐車場に入れて、通りを歩いた。スウェーデン系コミュニティがあったとされるアンダーソンビルである。スウェーデン系は、アメリカの同化が他の移民と比べて、いち早かったとされる。アンダーソンビルにも、ベイカリー以外、スウェーデンの香りはなし、と聞いていた。どんなベイカリーかは知らないけれど、なにやらそれっぽい店があったので入ってみた。スウェーデンのパンなのかどうかはさっぱりわからず。(笑)ただ、おいしくて、大きくて安かった。77セントなんて、信じられない。(笑)ローカルで評判がいいから長生きしてるのではないか。といっても店で働いているのは、ヒスパニックの女の子である。通りで、暇そうに座っているのも、スペイン語をしゃべりながら歩いている人たちもメキシコ移民のヒスパニック系。。。なにがスウェーデンだあ、と思いながら、マクドナルドに戻ってきてびっくり。。駐車してから10分も経っていただろうか。ポリスの車が2台。一台はカバーだったようで、普通の乗用車。大きな防弾チョッキを着た警官が3人。一人は女。で、バンタイプのポリスの車に、こすりつけられるようにして立っているのが、やせて、若いヒスパニックの男。18ぐらいだろうか。なんだあ、これ。。。と思いながら、二人の警官のあいだを通って、マクドナルドに入る。コーヒーを頼みながら、外を眺めていたら、警官が、若い男が後ろに回した両手首に手錠をかけるのを目撃した。生まれてはじめてである、この目で実際に見るのは。。。思わずいやなものを見た、と思った。気持ちいいものでは決してない。そのうち、レシーバー片手の警官の一人が店内に入ってきて、トイレはどこ、とか言っている。別に警官が、トイレを使いたかったわけではなかった様子。店の周りをぐるぐる歩き回ったりもしていた。トイレで、ドラッグでもやってたんだろうか、とかいろいろ考えていたら、一つ気がついたこと。。店内の客は、アフリカ系やヒスパニックが多かったけれど、誰も、窓の外を気にしてなかったことだ。警官の動きやら、容疑者をじろじろ見ていたのは私だけだった。(笑)こういうことって、ここの人たちにとっては日常茶飯事なんだろうか。ああ、いやだ。。。そういえば、警官のあの分厚い防弾チョッキも、デカブでは見ることないよなあ。。。。都会生活とはこういうものか。。。車と人にあふれ、便利そうに見えるかも知れないが、くだらんよなあ。。。と思うということは、私も年をとったということだ。。(笑)そのうち男は、バン型パトカーに乗せられて、二台の車は出ていった。おとなしそうな感じの男だったけどなあ。。まだ凶悪犯罪は、犯しているようには見えなかった。あの調子では、一晩ぶた箱で、明日は自由の身???店内の人間たちは、なあんにも起こらなかったかのようにして、平然とジャンクフードを食べ、しゃべっている。これが都会生活。。。わたしゃ、もういいや。。。(笑)

2010/08/27(金) 一難去ってまた一難(笑)
右目の調子が、だいぶ落ち着いてきたような気がする。右目と左目の視野は、まだ違いがあるが、脳がなれてきたのか、だいぶ気にはならなくなってきた。それでも、疲れ目にはなりがちである。たぶん、新しい右目にあった老眼鏡を作っておらず、近くを見るときと遠くを見るときのバランスが悪く、かつ左目を酷使しているせいだろう。そろそろ目医者に行って、老眼鏡を作って、と考えていたら、今度は首をやられてしまった。長いあいだのストレスだと思われる。車の運転中にぎくっときた。あまり気にしてなかったら、それから2時間ほどすると、いよいよ首が動かなくなってしまった。しかも、こぶ(む?)ら返り?をするのである。それが来ると、10秒ぐらい、ああああああああああ、と言い続けることになる。首は左に傾いたままである。こんなこと、生まれてはじめてである。それで1年ぶりに、好きな先生のカイロへ。「わあ、これはひどい」が先生の最初の言葉。。(笑)よくまあ、右方向にまったく動かない首で、高速を運転したものだ。自分でもこわい、こわい。勝手にぶつかれ、と言いながら運転した。(笑)結局、3日通って、無事に動くようになったが、やっぱり今でも様子がおかしい。ときどきびく、びくっとは来るが、前みたいに10秒も、ああああああああああああ、とは言わずにはすむようになった。ああ、よかった。2週間ほど前に、友達と旅行したあと、何が悪かったのか、体が変調して、時に食べると、すぐに蕁麻疹がばああっと全身にでるようになったし。。。いったい何が起こっているのか。。。(悲)でも、その一方で、体から毒が抜けつつあるような気もするのである(笑) 今年は、片目をつぶったりあけたりして、一年が過ぎたような気がする。目の不具合、手術、肩の凝りから、首のこぶら返り、急性斜頚(がプロの見立て)まで、バカ給料課から移動してからちょうど1年である。毒を出し切って、新しい体でがんばらねば。。。もう少しの辛抱である。。(笑)

2010/08/18(水) 児童虐待のニュース
を見て、確か大阪市にメールを送ったように思う。大阪市では、虐待の通報が児童相談所に送られると、消防を現場に送る、とニュースで流れていたからだ。なんで、市民からの虐待の通報は警察に直接に行かないんですか、消防に、ドアをけやぶる権力が与えられてるんですか、と尋ねた。別に返答はない。(笑)きのうだったか、またニュースで流れていた。今度は、厚生省が、通報が相談所にあると、48時間以内に本人確認することにする、と。これって何、とほんとに思う。日本人の意識の中で、虐待とは何ぞや。アメリカでは、近所で虐待されてるようだと思えば、すぐに警察に電話である。迷い犬でも、警官がとんでくるところだから、虐待ーつまり生命の危険が迫っている、となると、すぐにやってくるだろう。なぜ日本では、子供がおかしな泣き方をして、虐待が疑われているときに、48時間以内に本人確認、などと悠長なことを言うのだろうか。さっぱりわからん。日本の110番は何のため???警察の仕事は何??? 48時間以内では、たとえ虐待があったとしても隠されてしまうではないか。そういえば昔、娘のことで小学校に呼び出され、ぎゃ、虐待を疑われているかも、と心配したとき、カウンセラーに言われた。虐待されている子供は、親のことを隠しますよ、あなたの娘さんは虐待されてません、と。(笑)48時間以内に本人確認して、親や子供に状況を聞いたところで、どうせ隠して、何もなかった、と言うだろう。それで満足して、相談所はひきさがる??? 加害者や、弱い子供の言うことを信じるのか。そんなことが繰り返されてきたのではないのか。近所の泣き声といえば、私自身が小さいとき、親に猛烈に怒鳴りまくられているとき、近所のおばさんがやってきて、もういいじゃないですか、そんなに怒らなくても、娘さんがかわいそうです、と言いに来てくれたことを思いだす。父親の大きな怒鳴り声といい、子供の泣き声といい、他人といえども、聞くに堪えられなかったのだろう。今なら、子供が猛烈に泣いていても、どうしたんですか、とマンションのドアをたたきに行く人もいないのだろう。ああ、私はいい時代に生きていた??? (笑)そのことをふっと思い出したのは、オークランドの中華街で、中国人の親二人が猛烈な勢いで、女の子を怒鳴りつけているのを見たときだ。よくあのとき、警官が来なかったことだ。中国語だったし、子供を殴るといった暴力が入る一歩手前だったからかも。。親の足にひきずられるようにしていた女の子の姿を見たとき、私の目に自然に涙が浮かんだ。ああ、私もあんな風にして育てられたなあ、と思いだしたのだ。あれも虐待である。たぶん親を最後の最後まで信じながら死んでしまった子供はほんとにかわいそうだが、虐待されて大きくなった人間も、一生トラウマを抱えて生きる。子供の仕事は、親を乗り越えることだといやというほど自分に言い聞かせながら生きねばならぬ。人は家庭から始まる。家庭の中に、その人の問題がすべて凝縮されている。完璧な家庭はなく、完璧な人もいない。生きるとは、そんな家庭や自分との戦いである。(悲)

2010/08/17(火) 雑感つづき
ハンドメードにmade in china といえば、このごろ「made in occupied japan」の陶器の小さな人形のような置物を集めはじめた。色つけは、どうやら手仕事だったようで、目を描いた黒のインクが鼻に流れたり、顎にぼっつりとついていたりして、その当時の日本人の手仕事が見えてくるようで、なかなかかわいいのである。(笑)占領日本は、1945年から52年までの7年間だけである。このあいだに、どうやらアメリカの会社が、日本人に作らせていたらしい。そして、GIがおみやげに持って帰った???アメリカの会社の名前とともに、ジャパンと書いてあるものもあれば、日本の会社の名前が入っているのもあるがーノリタケもその一つらしいー、会社の名前のないのもある。。貧しかった日本、仕事をくださいと、アメリカ人に尻尾を振っていた時代の日本が見えてくる。尻尾は振ったけれど、心のどこかではコン畜生、と思っていたに違いない。占領時代の日本人が作ったものに囲まれて、私は、この国で生き延びることを考える。誰が、尻尾なんか振るもんか。振らずして、相手に認めさせるぞ!!!(笑)日本よ、made in china なんかに負けるな!!!でも、言われてしまった、こういうこちゃこちゃしたものを集めるのは、おばあさんのすることだよ。。ああ、やっぱり年には勝てぬ???いやいや、made in occupied Japan の気概で、生き延びる!!!(笑)

2010/08/16(月) 雑感
無事に、白内障の手術が終わって、2週間が過ぎた。手術直後に手術した右目が見えたかどうかはもう記憶にない。一応全身麻酔だったからーたとえ5分だったとしてもー頭がぼおっとしていたのだろう。左目はコンタクトをはずしていたから、何も見えなかった。でも、手術したといっても、眼帯をしたわけでなく、たぶん手術後すぐにもうよく見えるようになっていたと思う。手術室につれていかれたのは覚えていないけれど、手術の最後のほう、麻酔が切れかけていたのか、にゅるっとした物体を二回、右目の上にどさっ、どさっとかぶせられたあの感覚だけはよく覚えている。あれが、人工のプラスチックのレンズだったのだろうか。とにもかくにも、翌日、検査に行って、期待以上に非常によく見えている、これからもっとよく見えますよ、と医者に言われ、手術は成功した。あれから2週間、何の問題もなく、順調に回復している模様。最初は、右目と左目のアンバランスが気になり、なにやら左目の視力が下がっているような気がした。医者によると、人生で初めてでしょう、朝起きたときに、こんなによく見えるのは。。だから、脳がとまどっているんですよ。脳が新しい情報を処理できるようになるのに、しばらくかかるかも、とか。。正しかったようで、このごろは右と左の視界の差があんまり感じられなくなった。もう1週間ほどして、右目の視力が落ち着いたら、再び老眼鏡を買わねばならぬ。それで、今年の大イベントー眼ーは終わりである!!!(笑) それにしても、手術の2日後から、ノーマルな生活を送れ、といわれて、運転もしてきた。なんであんな風に、なるべく通常な生活を、とあせらせるのかと思うが、出産も同じだったなあ。。日本なら、産後1ヶ月は実家で養生して、となるが、こっちは1日でも早く通常の生活を、である。牛とじゃがいもで育った人の体力には勝てん。。(笑)でもまあ、眼でよかった。。体力とはあんまり関係がなかった模様。。(笑)
フェイスブック?とやらのおかげで、配偶者が25年前、カリフォルニアで会ったきりの人を探しだした。学生寮に住んでいたころ、近所にいた人である。なんと、ミネソタに行く途中だ、ということで、ひょっこり娘さんといっしょにやってきて、一晩泊まっていった。娘さんと娘は1歳違い。2つか3つほどのとき、いっしょに遊んだ仲である。人類学者で、相変わらず楽しい気安い人だ。話を聞いていて、びっくり。。今だに、庭で、弓矢で、鹿狩りをしているというではないか。それも、木に登って、鹿がやってくるのをじっと待って、下方に向かって、矢を放つという。おお、なんと。。鹿は頭がすごくいいらしい。耳もよく聞こえ、においもかぎわけ、それも覚えるという。彼が木の上で鹿を待ち、シャツを指一本で触っても、その音が聞こえて逃げるというから、弓をひきしぼり、鹿の耳が木に隠れた瞬間に放つという。。ぎゃあ、ターザンだ。。ターザンでも生きていけるのがアメリカ?? (笑)もちろん肉は食べ、皮は自分ではぎ、脳漿でなめして。。。と、やっているらしい。おお、なんと。。携帯をもっていない私などかわいいものだ。(笑)そのうえ、自分でバスケットを作るというから、家にあるバスケットを見せた。友達から、たかこさん、これはアメリカでもめずらしいハンドメードのブランド物だから高価なんだよ、といわれて買ったものがある。配偶者にハンドメードと言うと、障害者が作ったのか、と言われたものである。アメリカ人にとって、ハンドメードなんてなんぼのものやねん、という感じらしい??(笑)その高価なハンドメードのブランド物バスケットを見て、彼曰く、ああ、これは機械で切ってある、松で。。(うそお。。。メープルだと言ってたよ。。)とめるのに、くぎが使ってあるから、だめだなあ。。でも、一応、編む?のは手だよ。。まあ、それでも3時間ぐらいかな、これを作るのに。。。げっ。それで、高級ハンドメードということで、お金を払わされた??? くそっ。。で、その人から、カリフォルニアを離れるときにもらった、ブラジルのインディアンが作ったバスケットを見せると、いろいろ説明してくれた。それが専門である。(笑)なんと木の皮を手作業で細かく割くところからはじまり、その色づけは草でおこない、もちろんデザインはそのインディアンのもので、釘はいっさい使わず、つるを使ってつないで、と、本格的なハンドメードだそうな。。げっ。。。美術館行きのバスケットだった。。(笑)私が大昔にフィリピンで買ったバスケットを見せると、ああ、これもプロが作ったいい物だ、と感嘆してくれた。デザインが凝っていて、作業がていねいで細かく、これだけの仕事はなかなかしない、もちろん釘も使っていないし、ラタンだし。。。バスケットと一言で言っても、見る人が見ると、山ほど言うことがあるらしい。やっぱりアメリカのハンドメードの高級ブランドバスケットなんて、障害者が作ったの、レベル???(怒笑悲) それからは、バスケットがいやに気になって、このあいだも、近所の安物のテークアウトの中華やへ行ったら、バスケットがおいてあったから、思わず手にとって、裏をのぞいてしまった。アメリカの高級ハンドメードバスケットは、ブランド名と作った人の名が書いてあるのである。中華やのバスケットは、made in china だった。これって何???(笑)

2010/08/07(土) 広島の日再び
地元の平和グループの人たちに呼ばれて、また今年もスピーチをやった。川のそばで、灯篭流しならぬ、花を一本ずつみんなで流す前に読み上げたものー記録のために。
** 
When President Obama won the Nobel Peace Prize last year, I emailed him asking him to visit Hiroshima to show his commitment to world peace. I also wrote to the mayor of Hiroshima asking him to invite President Obama to Hiroshima when the president visited Japan last fall.

Today, August 6, for the first time in 65 years, finally a US government official, Ambassador to Japan Jogh Roos, attended the memorial ceremony in Hiroshima.

I am glad to see that this country, the first and last user of atomic bombs in war, finally assumed its responsibility to pay tribute to the victims.

This is not a political issue. This is not a historical issue. This is a human issue.

I sincerely hope that citizens and leaders of the entire world can overcome their egos and work together for the total elimination of nuclear weap[ons. thank you.

**面白かったのは、私たちのグループが、集合場所から川へ、それからキャンパスへと通りを行進?しているあいだ、大きな星条旗をもった男が二人、ずっとあとをつけてきたことである。帰還軍人に間違いない。一人は、制服・制帽をかぶっていた。集合場所の向かいでは、あと4人ほどがプラカードをもって立っていて、We support US troopsとか書いてあった。this is not a political issue, This is not a historical issue, This is human issueなんだよ。。バッカ(笑)

日本からのニュースでは、相変わらず原爆投下を、We did not start the warと言って正当化するアメリカ人の絵を出していた。そうでしょ、そうでしょ。すべてはpaternalism なのである。アメリカという国、アメリカ人は、自分に挑戦してくる人間を、国を憎悪するのである。それだけのことだ。真珠湾攻撃をやって、自分たちに挑戦してきた国を、ようし、やり返してやろうじゃないか、どっちが力をもってると思ってるねん、とことん思い知らせてやる、とそれだけのことである。勝つためには手段は選ばない。職場のバカ女も同じだった。(笑)私は、あの女に、飴ちょうだい、と尻尾を振らなかった。それが気に入らなかったのである。こっちは、言われた仕事はきっちりしても、お前みたいなアホを誰が相手にするか、と、あの女の肩書きに挑戦していたから、それが態度に出ていたろう。それで、網膜に穴があくまで、いじめられ、叩かれた。でも、竹槍を持ち出してきているつもりで、とことん戦ってやった(笑)

オバマさんは、核兵器削減を打ち出して、ノーベル平和賞をもらったが、きのう見た日本の番組によると、要は、核兵器と通常兵器とのバランスの問題とか。ロシアは通常兵器のレベルが下がり、核兵器に頼らざるを得ないが、アメリカは、通常兵器のレベルがあがって、核に頼らなくてもいいから、今のうちに核を削減できれば、アメリカの優位は維持できるというもくろみがあるという。笑ってしまった。しょせん、自分がいつも一番でいたいという国益という名の一番病のエゴが動機である。広島よ、長崎よ、がんばれ。。。
”人道”では勝てない、結果を出すための戦略だけがものを言うとは思うけれど、私も言ってしまった、This is not a political issue. This is not a historical issue. This is a human issue. (笑)ほんとは、すべてがThis is a POLITICAL issue である。(悲)

2010/08/01(日) くだらぬ。。。
日本からのニュースがほんとにばかばかしく思えるようになった。(笑)1 都内で最高齢と謳われたおじいさんに同じく最高齢とされた行方不明のおばあさんーおじいさん、もう30年も前に死んでたんだって。。家族とやらが年金を30年も猫ばばしてたのである。笑ってしまった。。。行政のやり方に。。。(笑)猫ばばは、人間の本性のようなものだ。悪い人間なんてどこにでもいるんだから、どうでもいい。。それにしても、本人確認することなく、最高齢だとか何とかレッテルを張って喜んでいる人間のばかばかしさである。。2 若い母親が、子供を二人死なせたという。シングルマザーは大変だろう。それも母親が若いのだから。。こういうニュースを聞くと、子供手当てといったくだらぬ政策でぎゃあぎゃあ言いたがる政治家たちのくだらなさにもうんざりである。で、金がもらえるという理由だけで、そういうことを言う政治家を選ぶ選挙民にも。。社会は、どういう理由であれ、シングルマザー、シングルファーザーをやらざるを得なくなった人が、安心して子育てができる社会を作るべきなのである。それが、ほんとの豊かさである。どういう理由であれ、ガキを10人も作れる家庭に、一律に子供手当てを渡して、うはうは言わせるようではまったく意味がない。。で、今日のニュースでは、子供が亡くなったマンションの前の電柱に、これまた子供が好きそうだった飲み物やらおかしがわんさか並んでいる写真が流れていた。こういう写真を撮りたがるメディアもメディアである。こういう事件をそんなセンチメンタリズムで捉えて何になる。。飲み物を置く人間もばかばかしい。そういうセンチメンタリズムで、しょせん自分をごまかしているにすぎぬ。かわいそう、だけで、善人ぶりたいだけである。問題解決の道を考えてみろ。。それは、北朝鮮を離れて長い時間がたった人間をビップ扱いして、ご招待して、北朝鮮の話をしてもらいたがるメンタリティとまったく同じである。記憶なんて、思いこみで変化していくものなのに。くだらなすぎる。。結果を出してみろ。。ニュースによると、子供が泣いている、と3回もマンションの住人から24時間体制の児童虐待センターに連絡があったというではないか。職員が出かけていくのは、48時間以内とか。ばかか。。アメリカでは、児童虐待の通報は、直に警察行きである。48時間もの猶予があったら、人命は救えぬ。。何が24時間体制だ。。これまたくだらぬ、ほんとに。すべてレッテルだけの、中身からっぽばっかり。結果を出そう、という気持がさらさらないからである。総論と、きれいごとと、センチメンタリズムと善人ぶりっこだけ。先日、外大の集まりがあってしゃべっていたら、結局は、日本人の民意が低すぎるということになった。タレント議員を選ぶ選挙民はバカだし、そういう知名度のあるタレントを候補にたてようとする党の政治家は、どうせ大衆はバカだから、と頭から国民をバカにしてるのだ、という結論になった。その通りだろう。。数は力で、自分の党の議員数を増やしたいだけである。で、政治は、自分たちがやるから、あんたらは言われたとおりにしてたらいい、と、老練な政治家たちに言われているのである。で、選ばれたタレント議員は、議員というこれまた中身のない、表向きだけが立派なレッテルをもらって、へらへらと喜んでいるだけである。柔道やってた議員に聞いてみろ、沖縄の基地問題をどうお考えですか、と。何と答えるだろうか。虐待で死んだ子供たちに供えられた、実質的な意味は何もない飲み物やらお菓子の写真を撮ってる暇があったら、そのくらいの絵を撮ってみろ。。人間もだめ、メディアもだめ、政治もだめ、である。。ほんとにくだらぬ。そのうちに中国に飲み込まれる。あ、そうそう、アメリカが必死で守ってくれるわけだ。。そのための沖縄の基地である。(笑)。ああ、みっともない。。。やっぱり黒龍会の出番だ!!!(笑)福岡の玄洋社に連絡をとろう!!! 明確な思想、信条をもっている人のほうがよっぽど楽しい。つい最近、友だちが、”せんみつ”の意味を教えてくれた。(知らないで、売れないライターをやってるのも恥ずかしい。。笑)”せんみつ”とは、千の嘘にほんとが三つだそうで、それが詐欺師だそうな。嘘つけ、と思った。(笑)ほんとの詐欺師は、千がほんとで、嘘が3つで、それでしっかりと詐欺ができる、宇宙のエネルギーの行方をしっかりと見守れる、頭のいい人のことである。”せんみつ”とは、普通の、とりわけ日本人らしい日本人のことである。きれいごと満載の総論やら中身のないレッテルやら、自己満足にすぎぬセンチメタリズムーつまり千の嘘”で自分を飾って、自分をごまかしてるだけの人たち。。。詐欺師にもなれない人たち。。くだらぬ、ほんとに。。絶対に勝てない人たちである。ああ、情けない、情けない、ほんとに。(悲)何としてでも、頭山満復活論を書かねばならぬ!!!(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.