〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年8月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/10/12 めんどくさいということ
2019/10/07 秋想
2019/09/28 同じパターン(悲)
2019/09/26 幸せって。。。
2019/09/15 いろいろ

直接移動: 201910 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2011/08/31(水) 家というもの
2日前に日本から無事に戻ってきて、翌日から出勤している。時差ボケと戦うだけの身体の粘りもいよいよなくなってきた。がんばる気力もなく、身体の好きなようにさせておけば、時差ボケ解消も10日ほどかかるようになってしまった。昔は1週間だったのになあ。。ああ、それもよしである、まだまだ日々を楽しむことさえできるのなら。。日々の楽しみを失ってしまった母親の今の心境は想像を絶するものがある。(悲)きのうの夜、向田邦子の「胡桃の部屋」の最終回の最終場面を見て共感した。家族のため、というきれいごとに自らを鞭うって生きてきた主人公が、家族それぞれの自立とともに、売却することになった親の家を出るシーンである。確か向田邦子は独身だったのでは、と思うが、独身の人間があそこまで家族とは何か、を見つめ、追求するとなると、かなりの才能がなせる大いなる苦悩だったに違いない。家族とは何か。。これまた哀しいものだ。誰にも定義できまい。定義できるのは、家族社会学?者の無責任さだけだろう。生まれいづりし者、それぞれの家族を背負い、苦しみながら生きていると思う。親なしに生まれてくることはできないのだから。親を選ぶことはできないのだから。そして最後、親は必ずいつしか消える。親を象徴するのが家ではないのか。毎回、神戸の家に戻るたびに、少しずつ片付けものをする。前回捨てられなかった、17年前に消えた父親のシャツや靴は、今回は平然と捨てることができた。新しくものを見つけるたびに、思い出して心が痛むが、その痛みにもそのうち慣れて、感じなくなる。家の片付けとは、最後の親離れへの道を歩くための心の準備でもある。言い換えれば、家とは、親がいてくれたからこその場所ということだろう。母親が今よりまだ元気だったころ、病院で言ったことがあった、たかこが帰ってきたときのために、家にいてやらなければあかんと思ったから。。だから、手遅れになってでも、医者に行かなかったというのか(悲)確かに、どんなに私が母親を嫌っていても、私が遠慮なく帰れるところはあの家しかなかった。私がいつ帰ってきても、そこにいてやりたい、そこにいたいと、半死半生であの家にいた母親の気持ちが、あの家には渦巻いている。あの家は、親不孝の私には重すぎ、苦しすぎる。その重さ、苦しさに耐えかねるようにして、ドラマの主人公のように、いつかあの家を永久に葬りさらねばならぬ時を待つ自分がいる。非情な私だが、そのときが来たら、どんなに寂しく思うことかもようくわかっている。そして、50年以上、ただただあの家を守ることに人生を賭けた母親を自分がどんなに嫌っていたかを思い出すとき、向田邦子の問いが浮かびあがるー家族とは何か。私には答えられない。答えられるときが来るとも思えない。ただただ願うのは、私が戻ることのできる家を永久に失うとき、ドラマのように、輝く光に包まれることのみである(悲)

2011/08/07(日) 定期便
再び定期便の時間が近づいてきた。今日の夜、空港まで15分ほどのところのモーテルに泊まる。翌朝、午前5時20分のシャトルで、モーテルから空港へ。7時5分発のサンフランシスコ行きの飛行機に。10時前にサンフランシスコに着いて、ぶらぶら歩いて、国際線ターミナルへ。老人ホームの人に渡すおみやげを買って、中国人か韓国人がやってる日本食の店(かれらの言葉を聞けば、どちらかわかるが、あそこの店の人はすしを作る人も、ウェートレスもしゃべらない。。チップを払わぬ日本人旅行客にうんざりしている、といわんばかりに、めちゃ愛想が悪い。。。笑)でお昼を食べて(あまりにも客が多いとやめる。。あそこの店は、中に入るだけで、店と客のネガティブなエネルギーを吸い込みそうになるから。。笑、となりのサンドイッチ屋といったアメリカの店は、空気があっさりしている。。笑)、それからターミナルの一番はしっこにあるゲートへ行く。大阪行きのゲートの前には、日本人が集まり、関西弁がうじゃうじゃ飛び交っているが、私はうんざりしてしまう。ああ、また鳴門の渦潮状態の世界に入っていくのか、と。。でも、いかねばならぬ。これまで問題の解決を先送りにしてきた結果だ。17年間、まあ、そのときが来たらまた考えよう、で逃げてきた。今度だけは逃げられぬ。安心した落ち着いた気持で、また戻ってこられますように。。。戻ってこられなかったら。。ああ、またそれはそれで生活が、人生が変わってしまうなあ。どうなることやら。。ただただ、流れに任せるのみ。。友だちには、早く日本でコンピュータを買えと言われている。前回買ったプリペイド式の携帯電話の使い方を忘れて、あたふたしてるというのに、この上にコンピュータかあ。。。ああああああ。。4時間後に家を出る。34時間後の今ごろには、飛行機は関西空港に到着しているだろう。

2011/08/01(月) 世界に挑戦!!!
いよいよ、ギネスに挑戦だ!!!(笑)程度の低い日本のメディアが、世界1背の高い男ー確かモンゴルの人だった?、世界1背の高い女、このあいだは、世界1背の低い男性を紹介していた。記事によると、その人はフィリピンの障害者のようなのだ。だいたいこういう身長が異常?の人は、大半がホルモン異常による病気の人が大半なのでは。。それを、いちいち世界一とかなんとか取り上げて。。。記事を見るたびに気分が悪くなっていた。

長年、なんでギネスはこういうことを知りたいのか、世界中を回って植民地をつくり、変な”動物”がいるぞと、人間を見世物か、人類学者の傲慢な視点でしか見られない船乗りたちが、ロンドンのパブに集まって、ギネスビールを飲みながら、わはわは笑って話の種にする、白人植民地帝国主義の名残かと思っていたが、いよいよ行動に移すことにした(笑)それにしても、娘にすら言われた、お母さん、そういうことをしてもダメだよ。小人の人は、小人であることに誇りをもっているんだから。。世界一に誇りを持っているんだから。。。私は、それだけは、どうしても信じられない。。(悲)
Dear Editor,

I am a Japanese writer living in the US. A few years ago I founded a Japanese tall women's club to help make Japanese society more tolerant of and respectful toward tall women. In my research and writing, I have been investigating how societies treat tall and short people.

Like many people, I have always enjoyed your list of world records and have been amazed to see the various kinds of people and cultures represented among the record holders. Of course, the Japanese media loves to cover new world records and I have learned a lot from their coverage.

However, I have been wondering about one question. That is: why do we put so much emphasis on knowing who is the tallest or shortest man or woman in the world? In general, people cannot control their height, especially if it is due to a hormonal disorder or some other medical reasons. So, when the Japanese media reported that the shortest man in the world, in the Philippines, had become ill, I was saddened at the media attention.

Your world records cover types of human bodies, using such categories as Extreme Bodies, Body Beautiful. Against All Odds and many more. Some people CHOOSE to go to extremes, such as becoming the "most pierced woman" or growing the "longest hair", and I see no problem with learning about them and celebrating their achievement. However, do you differentiate between those who CAN make the choice to be number one, and those for whom their extremity is NOT their choice, and who may not appreciate the unwanted attention to an extremity they did not choose?

I would very much appreciate your letting me know your policies about world records in the Human Body category.

I am looking forward to hearing from you.

Sincerely,

Takako Day


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.