〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年11月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉
2019/08/18 変なこと。。。
2019/08/14 ああ、なさけなあ。。(怒)
2019/08/10 そういうことか

直接移動: 20198 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2012/11/16(金) ショック
三角斤姿ももうすぐ1ケ月。ギプスのあいだから見える手はまだまだ青黒い。もうこのまま1生治らないのでは、とみじめな気持になっていたら、ショックなニュースが飛び込んできた。ファンだったNHKのアナウンサーの森本さんが、電車の中で女のからだを触って、逮捕されたというのだ。ああ、森本さん、あのどこかぼおっとしてるところが好きだったのに。。。昔、最近歴史ものをやったりしてたアナウンサーがタクシーで暴力事件をおこして、しばらく謹慎処分になってたが、痴漢ではなああ。。。ああ、男はつらいなあ。。。これで終わりかあ。。毎日、同じニュースを朝の4時ごろから繰り返し聞き、出かけるところ、会う人はホームの人ばっかりという毎日で、週末担当の森本さんにももう会えない。。以後、どんな人生になるのかなあ。。。がんばってね。。誰にも、自分の人生をとやかく言えないよ。人生を知ってるのは自分だけ。自分だけの人生である。母の人生を納得しようと、今この家にいるが、やっと母の人生をそのまま受け入れようという気持ちが生まれてきた。私が母の人生を生きなおしできるわけでなし、私にできるのはただただ詫びと感謝のみ。彼女の人生も、あるがままに流してあげねばならぬ。でも、痴漢は流せないだろうなあ。。。昔、痴漢なんてうじゃうじゃいて、女は我慢するしかなかった。やめてくれ、というと、家までつけられたこともあった。ああ、なにかと生きにくい社会になったなあ。。痴漢なんて、笑ってやればいいだけなのに。。(悲)痴漢に警察を呼ぶなら、ストーカー犯に、狙われていた女性の情報を渡した警察はどうなるの。人の意識と社会制度のあいだにかなりの乖離があるとしか思えない。(怒)

2012/11/09(金) 骨折
生きていたらほんとにいろいろあるものだ。あの朝は、母に海を見せてやろうと、介護タクシーで外出する日だった。心うきうきで、スキップでもしていたのかもしれぬ。家の前の路地から、車が通る小道に出るところが、小さな坂になっていて、そこですべって、右手首を骨折して、もうすぐ2週間半。最初は、2の腕の真ん中まであったギプスも、やっとひじから下になったが、三角斤をする姿であるには変わりなし。医者はギブスは6週間、ホームにいる看護師さんたちは、リハビリをいれると、全治3ケ月という。母の部屋で寝泊まりすることもあったり、日々の生活では左手でコンタクトレンズを洗って装着する不便さではじまり、食べるものはフォークか手で食べられるものに限られ、指の爪は魔女並に長くなり、と、かなりストレスがたまり、私自身がクモ膜下出血をおこしそうになってきたので、きのうおもいきってホームにある美容室で髪を切った。左手では満足に洗ったり、束ねたりはできず、かなり悲惨なことになっていたが、思い切って、40年前によくやってたボブスタイルにしてもらった。ありゃ、不思議。髪は細くなり、ボリュームもなくなっているが、今から思えばお気楽の塊だった20代の私がよみがえっているではないか。昔の写真と比べなかったら落胆する必要もなかろう。(笑)急に元気が出てきて、日記も片手で書く元気が出た。(笑)そして、一番ありがたかったのが、美容師さんの、骨折はきっと神様からの、ちょっと休みなさい、というメッセージなんですよ、ゆっくりしてたらいいんです、という言葉。ふっと肩から荷がおりたような気がした。こういう言葉を自然に言ってくれる人はなかなかいないものだ。出会いに感謝。ぼちぼち三角斤といっしょの毎日を大事にせねばならぬ。それが、神様からの究極のメッセージに間違いない。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.