〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年5月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/06/23 雑感
2019/06/16 雑感
2019/06/13 すごい2
2019/06/12 すごい1
2019/06/06 年をとっている。。。悲

直接移動: 20196 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2012/05/06(日) お葬式
シナバーはいつも私を待っていてくれた。日本へ行く直前に亡くなって、私が日本から帰ってくる前日に、家に戻ってきた。きれいな缶に入っていた。けっこう重たかった。いよいよお葬式をして、庭に埋めることになった。いつも家の窓から眺める大木の根元に埋めることにした。いつでもながめられて、私がいなくなったあとでも、大木と一体となって、この世界に生き続けられるように、と。穴を掘って、缶をあけた。ビニールの袋に入っているものを見てびっくりした。もう完全に砂のようになっていた。一体何度の温度で焼いたのか。骨のようなものはまったくなかった。骨を探して、父親の骨拾いをしたことを思いだした。白くどこか人体の形に骨が並んでいたのを覚えている。長いお箸で1個か2個拾った。家に持って帰ってきて、壷をあけたのも思いだした。シナバーは砂になってしまった。穴に入れて、それから少し土をかぶせて、それから好きだったクッキーとミルクをたっぷり流して、また土をかぶせて、その上に墓碑のつもりで石をおき、そのそばに紫の花を植えた。そして、シナバーにもう一度、ありがとう、と言った。これから毎朝、庭に出てくるたびに、シナバーにおはよう、と言える。毎年命日の4月20日には、花を植えよう。シナバー、ほんとにほんとにありがとう!!!同い年の妹のケロは元気だよ。きのうの夜は私といっしょに寝たよ。ちょっとジェラシー???(笑)ケロのことは心配しなくていいからね。まだ、シナを探してるみたいだよ。。まだ変な声で鳴いてるから。。。いつかみんないっしょになれるよね。。。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.