〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年12月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/03/10 まんぷくさんにもの申す(笑)
2019/03/06 すごいなあ
2019/03/02 3月
2019/02/23 雑感。
2019/02/16 豊臣秀吉

直接移動: 20193 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2014/12/31(水) 落地生根と麦の歌(笑)
去年のおおみそかの日記を見てみた。一人だった模様。今日も一人。。だから何なのさ。。(笑)今日は、朝から紅白をやっていた。どうでもよかったけれど、たまたま中島みゆきの歌を聞いてびっくりした。ドラマの冒頭は、歌のほんの一部しか流れないけれど、全部を聞くと、何とこれは落地生根の歌ではないか、と。麦とは踏まれても、踏まれても、踏まれて強くなっていく人のメタファーで使われているとは思ってはいたけれど。。未来のふるさとからどうの、こうの、で、これは新しい土地で懸命にがんばる人への応援歌ー要するに、日本人男性と結婚したヨーロッパ人女性への応援歌。。麦は泣いても、笑っても、未来のふるさとをめざして、とか何とか、これは、新しい土地でがんばって新しいふるさとを」作れ、という意味である。なああんか身につまされて、涙が出てしまった。やっぱりわたしゃ、アメリカでがんばるしかないかのなあ。。こういう歌は、福島の人はどう聞くのだろうか。そういうことは言ってはいけないのだろうか。でも、もう一度、昔の生活を取り戻したい、といった言葉を聞くたびに、違和感があるのは確かである。昔の生活は戻らないのである。すべて変わり続ける。「未来のふるさと」のほうが、よっぽど現実感と力がある。。。たった一人の大みそかも、もう慣れっこになった。一人で何が悪い。。(笑)人はいつも一人である。麦になったつもりで、一人で世界と対峙して、まっすぐに生き抜こう。2015年は、もっともっと自由になろう。。麦の自由は本物である。。(笑)

2014/12/26(金) デカブにて(3)
最近、図書館にまた、あの痩せ細った図書館員さんとスドクのおじさんが現れはじめた。図書館員さんの毛糸の帽子の下からは金色の髪がみえはじめ、すどくのおじさんの髪は起き抜けのように逆立っているが、そんなことはむしろうれしい。(笑)きのうはクリスマス。さすがの図書館もしまっていただろうが、おじさん、大丈夫だったかなあ。。アメリカは、個人主義というよりファミリー主義だが(このごろは日本からのニュースもむやみやたらと家族、家族とうるさい、その一方で、児童虐待やらいじめやら、消えた子供たち、とかいやなニュースも多くなっている、家族を連発するほど、家族に対する理想像が高まって、その理想像にあわなかったら、放棄してしまう可能性も高くなる。ラブを連発して、離婚の多いアメリカも同じである。大事なことは黙っておく、のが一番賢いのに。。。笑)、ホリデーシーズンになると、鬱になる人も結構多いらしい。もうあのおじさんぐらいになると免疫がついてるとは思うけれど。。。ひがな一日、毎日、暖かい公共の建物の中ですどくをする、一人で生きてる人ーそんな人に出会える図書館が大好きである。。笑 

2014/12/15(月) デカブにて(2)
このところ、地元の図書館へ行くことが多くなった。年中無休だから、ついつい足を運んでしまう。そこでいつも出会う人がいる。何時に行ってもいる。貧困層っぽい白人男性で、すどく?をしているのである。いつもしている。一生懸命している。で、思った。ああ、この人、一人暮らしだな、人の気配が欲しくて、こうやって朝から晩まで、毎日図書館へきて、時間つぶしをしてるんだな、と。図書館は暖かいし、人の出入りはあるし、で、寂しくないもんね、と思っていたら、この2日間ほど見かけなくなってしまった。大丈夫だろうか、と心配している。いつもいつも見ていた人がいなくなると、寂しいものである。もう一人は、図書館で働いている人である。毛糸の帽子をいつもかぶり、その下には髪はないから、ああ、がんサバイバーだな、と思った。この人も毎日出てきて、仕事をしていた。ところがこのところ見かけない。大丈夫だろうか。ものすごい咳をしていたのである。聞くほうがつらくなるような咳で、どう聞いても、風邪の咳ではなく、深刻な病の咳である。大丈夫かなあ。早く出てきて、また元気に仕事をしてください!!! 私のほうも日々老いを感じる毎日である。2年ほど前に悪くした左足は、いまだに痛む。素人頭で、いよいよ股関節に来ているらしい、というのがわかる。ちかぢか歩けなくなるのだろうか。(悲)プールに泳ぎに行けば、いよいよ1000メートルは泳げなくなってきた。泳いで、体が温まるのではなく、ある一点を超えると、体が冷え切って、指の先がかじかんでくるのである。ああ、こりゃ、だめだ。新陳代謝が完全に落ちて、運動して体が暖かくなるエネルギーより、水の中で体が冷え切っていくスピードとそのエネルギーのほうが上手ということだろう。あわててプールを出た。トイレに行けば、尿がまるで熱湯のように感じられた。あああああ、年には勝てぬ。二度と若くにはなれぬ。(悲)今日は、日本時間で、母の命日である。息をひきとる瞬間を、顔と耳の皮膚で感じたあの瞬間から2年。今日、生きてるのは奇跡である。きのう見たバカ?弁護士ドラマ、リーガルハイの中の言葉である。(笑)その通り。。今日の奇跡に感謝である。明日は、もうわからん。。(悲)

2014/12/12(金) デカブにて
先週末、娘の様子を見に、オレゴンまで出かけていっていたあいだに、デカブで面白いことが起こっていた。黒人たちがデモをしたらしいのだ。どうやらファーガソンやらニューヨークで起きた、パブロフの犬になるよう警官を訓練している司法制度に対する抗議に端を発したもののようだが、新聞紙面を読むと、デカブの人種差別は、やはり黒人にとっても厳しいものがあるようで、発言が引用された黒人学生は、早く大学を終えて、この町を出なければならない、と言っていた。そうでしょ、そうでしょ。。私が街にいたら、デモに参加したよな。。たぶん、100人の黒人のあいだにまじったアジア系一人に。(笑)抗議は金曜から日曜まで3日間続いたそうな。ちょうど私がオレゴンに行ってたときだ。(悲)で、デモしていたら、やっぱりデカブの人間は、車の中から、差別的発言を繰り返したり、中には歩いている学生たちに、ぶつかってきた車もいたようだ。その中の一人は逮捕された。なんと、妊娠している女の子にぶつけたらしい。女の子はいったん病院に運ばれたが、無事に出てきているから、たぶん軽くあてた程度だったのだろうが、それでも怖い、怖い。。新聞紙面には、デカブの人は、自分たちがどんなに人種差別をしているか気づいていない人間が多い、という発言が載っていたが、そうだそうだ。。私の経験では、郵便局、大学の職場、ターゲット、がらくたや、スーパー。。。今のところわずか5ケ所だ!!!(笑)今度デモがあったら、私も絶対参加する。で、これまでの経験をしゃべってやる!!!(笑)もう一件、道のゴミ拾いをしていると、面白いことを言われた。初めてのことである。向こうから、白人の、たぶん貧困層っぽい初老の男性が二人私のほうに向かってきた。で、私のところで立ち止まって、聞いたのが、クオーターを拾ったのか、である。おお、私が砂浜の金属探知機みたいに、落ちた小銭を探していると思ったのである。私が、びっくりして何も言えず、相手を凝視していると、向こうも気がついたのか、ええ、くりーなっぷしているの、と聞いてきた。私が黙ってうなづくと、向こうもびっくりして、数秒の沈黙が。。で、両者、そのまま反対方向に立ちさったわけだけど、で、ふと思った。ホームレスの人って、「食べ物が必要です、家がありません」と書いた紙をもって、ぼおっと交通量の多い道に立ってるんじゃなくて、そういう紙とお金を入れてもらう袋を背中に張りつけて、道のゴミ拾いをすればいいのである。ゴミを入れるプラスチックの袋は、道にいやというほど落ちているから、その袋に、ゴミを拾いながら歩いていたら、私でも、背中の袋に小銭を入れてあげようという気になると思う。(笑)何もしないで、ただ座っているだけで、金を恵んでくれ、では、こっちがよっぽど機嫌がいいときじゃないと、お金を出す気にはならず。(笑)でもホームレスになっても、何か社会のためにいいことをしておきたい、という気持ちのオーラがでていたら、人を動かすことができるのでは。。よし、いつか、新聞に書いてやれ。。たまには、抗議ばっかりじゃなくて、建設的なことも書きたいものね。(笑)と考えていたら、日本からのニュースであきれかえったことを思い出した。80を過ぎたじいさんが、もうかりまっせ、に騙されて、2億円を詐欺されたという話。じいさんよ、80過ぎても、まだ金儲けしたいの、が私の第一印象だった。詐欺にあってかわいそう、というより、醜いな、である。(笑)2億円はたぶん遊んでいる金だったのだろう。だから、もうけ話に差し出す気になったのだろう。10億もっていたら、2億円は少額かもしれないけれど、一番大事なことが欠けていると思った。80過ぎてから、まともな生活なら、2億円は使いきれるものではなかろう。では、その2億円を、社会のために還元しよう、という発想と、発想を促す社会の仕組みである。犯罪者集団に流れた2億円をじょうずに運用したら、介護施設で働く人を一人増やせるかもしれぬ。そういう発想をする人間を、なんらかの税制上の優遇を与えたりすればいいのでは。。。みたいなことを考えながら、今日も、ホームレスに間違えられても、デカブのごみ拾い。(笑)。自分にできることで、この世界に恩返しをしておきたい、その一念である。立つ鳥、跡を濁さず。。

2014/12/09(火) アダモ
日本から、若いときにもっていたレコードを運んできた。今日、レコードプレーヤーを買った。レコードだけじゃなくて、CDも聞けるし、ラジオもOK,レコードをCDにする機能もついてるらしい。外見はアンチーク仕立て。。ガラクタやめぐりしている人間の部屋にはぴったりの感じ。(笑)で、さっそく最初のレコードをかけた。アダモである。ああ、アダモ。28ぐらいのときに、神戸のあの家のあの部屋を出て以来、一度も聞いていなかった。ということは32年ぶり!!! こんなレコードを一生懸命聞いていたのは高校生のとき。アダモが神戸の国際会館に来たときは、友達と通用口のところで待ち伏せして、アダモと握手までしたのを、突然思い出した。。ああ、青春よ。(笑)そして、思うのである。ああ、あのころの私には、親も二人ともいたなあ、と。親をうとましく思ってはいたが、親がいつも守ってくれていた幸せな時代だった。今はおんなじ音楽を聞いても、人生は大きく変わってしまった。32年前の私に、今の私が想像できただろうか。とんでもない。ただただ不透明な自分の行く末をびくびく、でもわくわくしながら見つめていた自分がいた。今はもう。。。。(笑悲)おセンチになるために、レコードを聞いてはならぬと思う。長い長い32年を振り返るために聞くのではなく、あのころの私からもう一度エネルギーをもらうために聞くのである。もう来月は還暦ではないか。暦が還るーもう一度子供になったつもりで、新しい人生を始めようーまたアダモに出会えてよかった。。それはそうと、まだアダモは生きてるの???(笑)

2014/12/01(月) アメリカというところ
ターゲットに抗議のメールを書いてから、1日経って、返事が来た。そういえば、日本で店に抗議したことはないような気がするけれど、想像するに、申し訳ございませんでした、を連呼されるような気がする。こちらでは一切なし。そのかわりに、私がしたことは正しいこと、という気持ちにさせてもらえる。(笑)というのも、情に訴える部分はゼロで、その代わりに、あなたの苛立ちはよく理解できます、報告内容は店の方針ではありません、すでに店の管理者に伝えてありますから、これから今後を決定します、時間をとって報告してくれてありがとう、店があなたのお気に入りになるよう私たちは仕事をします、と非常にビジネスライクで、でもそれゆえにプロだと思わせ、何か変わるだろう、と期待させる力があるのである。この、プロ、という感覚は、日本からのテレビでよく見る、えらいさんたちが、申し訳ありませんでした、へへええ〜〜〜と頭をさげている図とはまっこうから対立する。(笑)ま、よかった、よかった、である。で、大事なことは、相手をまっすぐにそのまま受け入れるということだと学んだ。とにかく、相手が誰、何であろうと、無視してはならぬ。無視したり、頭ごなしは絶対にだめである。返事をもらったおかげで、あの白人の男のことも、あんたがマイノリティが嫌いならそれもけっこう、でもそれなら、小売店の仕事はしてはならぬ、適所適材で、あんたにもっとあった仕事があるだろう、と言える気持ちになった。(笑)私だって、絶対にカスタマーサービスの仕事はできない。あほなカスタマーが来たら、怒ってカスタマーを泣かせることもやってのけるから。(笑)というわけで、さすが大企業と見直す気になった。でもまあ、こういうことは小売・サービス業界と一般の業界とは違うだろうなあ。。普通のオフィスでは、抗議したら首かもしれぬ。私は公務員だったからできたけど。。。でもそのために組合があり、弁護士がいるではないか。弁護士費用がかからない程度で法律の専門家に相談しながら、ガス抜きをするシステムは絶対に必要である。そのシステムを利用しながら、戦いつづけて、社会を変えていくーそれが今ここで生きている意味だと思う。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.