〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年11月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/10/12 めんどくさいということ
2019/10/07 秋想
2019/09/28 同じパターン(悲)
2019/09/26 幸せって。。。
2019/09/15 いろいろ

直接移動: 201910 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2015/11/23(月) 大雪と生きる力
週末に、11月にこれだけの雪が降るのは120年の観測史上はじめてだったとか。120年!!!つまり、記録をとりはじめてから初めてということらしい。。(笑)とにかく大雪で、金曜からシカゴに泊まって遊んでいたから、かえってくるのが大変だった。。ああ、雪の中を運転という季節が始まったのかと思うと、ちょっとつらい。昨日の夜、瀬戸内寂聴のドキュメンタリーを見た。がんの手術をしたあとの日常生活を描いているのだが、見て、びっくり。94歳とか。そりゃもう元気、元気。肉をぱくぱく食べて、書きたくなって書いて、で、またよくしゃべる。。。あくの強さがぷんぷんしていた。(笑)私もよく、ひとさまに、変わってるねえ、を連発されて生きてきたけれど、寂聴氏もかなり変わっている。。山崎豊子のドキュメンタリーのときもそうだった。かなり変わっていた。あの大阪弁、怖い、怖い。。(笑)で、わたしゃ、無名の閑つぶしに書いてるだけの人間だけど、やっぱりこれでいいんだ、と思った。(笑)寂聴さんは、書いてると快感だ、生きる力になると言っていた。そう、結局は自分が自分のために好きで書いてるのである。違いは、それで食べていけるかどうか。で、私には書いて食べていけるだけの才能はなかっただけということだが、今さら、そんなこと悔しく思ってどうなるわけでもなし。。確か山崎豊子も独身を通したと思うし、寂聴さんも94歳で、まだセックスがどうのこうのと言ってたし、それぞれの与えられた人生をただ生き抜いているだけなのである。がんばろうと思った。それにしても、94歳でまだ書いたり、読めたりするのは、すごくラッキーなことだ。このごろ網膜の手術はしていないが、白内障関係の手術を2回した左の眼がますます曇って、見えなくなってきた。雪の中のドライブがつらい理由の一つである。あああああ、次はまた手術、と言われている。そういえば、緑内障を悩んで自殺した作家かライターのニュースも昔聞いたなああ。。。(悲)自分の人生をそのまま自分で受け入れる、その心の平静を保つこと、今はもうそれだけである。

2015/11/18(水) おばあちゃん
時差ぼけもとっくになくなり、ばたばたとシカゴへ運転していく相変わらずの日々が続いている。このあいだは、高齢者サービスのボランティアへ行くと、おばあちゃんの一人が、これ、あなたの靴でしょう、と言って、新聞紙に包んでプラスチックの買い物袋にいれてある古靴をくれた。差し出されたとき、一応、いやあ、私のじゃないと思うよ、私、足大きいから、と言ってみたものの、おばあちゃんも強硬に出るし、で、これ以上、おばあちゃんの気持ちを傷つけるのもいやだと思って、もらってきた。で、ごめん、こちらでお葬式をして、捨てます。。(笑)おばあちゃん、何、持ってるの、とかばんをのぞかせてもらったら、そりゃもう、いろんなこまごまとしたものが入っていた。捨てるのに困っているのだろうか。私も困っているよ。(笑)母親の服を神戸からもってきたから、あれを着なくちゃならないし、自分の服も、買うのが楽しみで買ったものの、ぜんぜん着てない服もいっぱいあるし、娘が部屋に残しているものも勝手に処分して、と言われているから、まあ、私が使えるものは、と思いながら、靴下なんかをはかせてもらってるから、とにかくおばあちゃんの靴までは手が回らないのである。。。(笑)で、思うこと。。。もう物はやっかいなだけ。。。物よりも思い出ーつまりどんな時間を過ごすかが大事、そう思える年になってしまった。物はあふれかえっているけれど、時間は限られている。。とりわけ、この物騒な世界ではいつ何が起こるかわかったものではない。NHKの「新映像の世紀」を見て、まじで気分が悪くなった。第一次世界大戦で、どれだけの人間がどんな風に殺されていったか、これでもかこれでもか、と黒白の死体が積み重ねられ、捨てられていく絵を見て、人間ってほんとに愚かしく、今も続いていることを考えるとぞっとした。今の中東紛争の元凶は英国とフランスのようで、これまた腹立たしいことだ。紳士面しているけれど、ええ根性だ。。(怒)あああああ、おばあちゃんからもらった靴を大事にして、洞窟にこもっているのが一番!!! みんな年をとって、いつかいなくなるのに、なんで戦争やって殺しあわねばならぬ(悲)

2015/11/06(金) ショック、もろもろ
勝手に送られてくるフェイスブックで知った、NHKの「クローズアップ現代」が来年3月で打ち切られるそうな。ショック。。あの司会の女の人が好きだったのに。バイリンガルで、美人で、頭はいいけど、絶対にエゴの臭さが出ない、すばらしい人だと思っていたのに。見ているだけで、エネルギーをもらっていたのに。(悲)広告費削れ、の発言で、メディアを脅した政治家が首になったとも聞かず、メディアも一切反乱を起こさず、若い記者が「だそうです」と、メディアが「伝聞形式」を使うわけのわからぬ報道をする腐れ切ったメディアと政権の癒着状態で、あの番組だけはまっすぐ見て、理解できたのに。。。まともなものが消される世界は、いよいよ末期症状である。そこへ切り込んでいるのが、沖縄の知事かなあ。。がんばれ〜〜〜。沖縄問題を国政選挙レベルにひきあげるのである。 そういえば、テレビのニュースで感激したのが、日本のごみ処理施設技術がモスクワに輸出されるというニュース。これだけは、テレビの前で拍手した。(笑)アメリカ人に、日本人のあのごみ分別はできないけれど、でも、小さな国土でいかに効率的にごみ処理をしているかを学んで、自分たちに役立てるべきである。国土が広いって、ことに甘えるな、と。敗戦国民から学ぶなんて、ぞっとするだろうけどさあ。。(笑)日本から学ぶのは、マンガだけが能じゃないんだよ。(笑) 庭にすすきを見つけて、すごくうれしかった。中学生時代、すすきだらけの原っぱを通って、学校に通った。今、その原っぱはすべて家に変わっている。すすきー何も思い煩うことのない子供時代の象徴のようなものだ。。すすきを見て、ほっとして喜んでいる自分にほっとした。(笑)

2015/11/04(水) あほ極まり
なんでラムズフェルドが、日本の天皇から、首から下げるバッジをもらうねん。。ラムズフェルドが日本のために何をした??? あほブッシュをそそのかして、イラクへの先制攻撃をしかけた人間を、なんで日本はたたえる必要があるのか。どこまでアメリカにへらへらしたら、気がすむねん、あほな日本。アメリカでは、日本から勲章をもらったことなど鼻にもひっかけず、恥ずかしくさえ思ってるんだよ。。。誰が推薦したのか知らんが、日本のあほ、バカにされ続けるこじき根性、ここに極めり、だ。アメリカ人に、おお、なるほど、と一目おかれることをしてみろよ。お前のその小ささでは無理なのはよくわかっているが、じゃあ、何もせず、ひっこんでろ。何もするな。みっともない。勲章もらって喜ぶ人に、つまり親日もしくは知日派の顔で、日本人に近づきたがる”アメリカの変人”にやればいいのだ。よりにもよって、ラムズフェルトとは、ああ、恥ずかしい。。。(怒)で、配偶者に、ラムズフェルドに勲章だって、と告げると、なんであんなジャークに、と、こちらもびっくりびっくり。その理由が知りたい。。領事館か大使館に尋ねたら、と私。アメリカ人が出せば、ていねいに教えてくれるのでは。。そんなことをしたら、日本が何を考えているかが世界に発信されるね、と言う。で、私ーそういえば、日本がラムズフェルドに勲章やったことなんて、どこのメディアも報道しないから、誰も知らないよ。ああ、そうだね、じゃあ、勲章なんて何の意味もないねえ。。。といいながらも、メディア関係者は情報を見張っているだろうから、何を流すかを取捨選択しているのである。安倍が国連で演説しても、会場ががらがらという部分はカットする日本のメディアと同じである。(笑)アメリカの日本担当記者はもちろん叙勲のことを知っているが、そんなことを流せば、流すほうが笑われるから、流さないのである。ラムズフェルドだって、日本から勲章をもらったなんて、恥ずかしくてアメリカ国民に言えないだろう。。となると、結論ー日本の天皇なんて軽いもんだよねえ。。気の毒なぐらい軽い。。。叙勲、とりわけ外国人への叙勲なんてめったに起きないものにして、価値をあげたらいいのに。 中国なんて、めったなことでは外国人を叙勲したりしそうにない(現実は知らず。。笑)南シナ海でアメリカと対立してる風を装って、裏で台湾と仲良くする風を装って。。。きわどい多国間外交をやってのけるそのうまさを、アメリカは喜んでいるだろう。この野郎、と思わせられることが好きなのである。挑戦する価値があるから。。(笑)それに比べて、日本は。。。どんなにアメリカの金魚のふんをやっても、絶対に尊敬はされないし、一目もおいてもらえない。でも、日本はおいてもらおうと、ラムズフェルドにまで勲章やって。。。あがけばあがくほど落ちていく砂地獄である。あほな日本は早く落ちるところまで落ちて、消えてなくなれ。。。じゃないと、はいあがれないではないか。。(怒)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.