〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年3月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/03/10 まんぷくさんにもの申す(笑)
2019/03/06 すごいなあ
2019/03/02 3月
2019/02/23 雑感。
2019/02/16 豊臣秀吉

直接移動: 20193 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2015/03/31(火) 新しい経験
また新しい経験をした。アメリカの検便である。大腸がんの検査だそうで、ほんとは50を過ぎたら毎年しなければならないそうな。乳がんの検査やら骨密度やら大腸がんやら、何やら検査が増えるのみ。乳がんなんか病院からやいのやいの言ってくるが、ほったらかし。。毎年じゃなくて、せいぜい5年に一度でいいや。。でも、まあ大腸がんはしたことがないので、やってみようか、とセットをもらってきた。びっくり、びっくり。。便座にわたす薄い紙がついている。この上にせよ、と。ええええええ。。。便秘症の便が、こんな薄い細い紙の上に乗るのかよ、と思ってたら、案の上である。。。いったん紙の上に着地しても、紙が傾いて、そのままぼそんと下に落ちた。。ぎゃあ。。。水の中に手をつっこんでひろわなあかんの、どうしよう、と思ったら、ちょこっと残りが出たので、よかった、よかった。。。で、そのあと、その残りものを、小さなくしで最低5カ所をぶすぶす刺すのである。げっ。で、そのくしを溶液の入った容器に入れて、クリニックに送りかえすという仕組みである。自分の便をあんなにしげしげと見たことがなかったので、それはそれで新しい経験だった。(笑)で、思い出した。昔は、検便といえば、蟯虫検査だったな、と。新聞紙の上でして、それをアイスクリームを食べるときみたいな小さなスプーンで拾って、マッチ箱に入れて、学校へもっていったものである。日本人の医者が検便の話をしたとき、マッチ箱ですか、と聞いたら、医者はけげんな顔をしていた。たぶん、マッチ箱の検便箱を知らない世代だろう。(笑)で、その新聞紙ごとトイレにどぼん。。。あれは、おけをふたつ天秤棒の両端にさげて、肩にかついで、ちょぽん、ちょぽん、と黄土色の糞尿を道にこぼしながら運んでいた時代だった。きれいにくんでもらいたいから、と母が地下足袋のおっさんに100円を渡していた。ああ、なつかし、なつかし。。(笑)今や、蟯虫とは縁がなく、大腸がんの検便の時代である。それも、くしをぶすぶすモノにさして、液につける時代。。。便利といえば便利だけど、紙に落とす部分は変わってないなあ。。(笑)あんな薄い細長い紙を水の上で綱渡りさせるよりも、大きな新聞紙のほうがいいなあ、次は新聞紙でやってみよう!!!(笑)

2015/03/27(金) あああああ
雪が溶けて春が来た、と思ったのもつかのま、気温は相変わらず零下まで落ちている。でも、太陽光線が違う。だから、せっかく庭をきれいにしたーつまり落ち葉による防寒服?がなくなった樹木たちも、なんとか生き抜いてくれると思うんだけど。。それにしても、テレビをつけるとろくなニュースがない。チュニジアでテロがあって、犯人と観光客が亡くなった。ドイツの飛行機が操縦士によって故意に墜落させられて、149人が亡くなった。。これって、アメリカの乱射事件と同じだ、なあんで一人で死ねないんだよ、と腹が立ってくると、逆に日本人のすばらしさが際立って感じられた。確かに電車への飛び込みは、他人に迷惑をいっぱいかけるけど、堂々と一人で死んでるではないか。意味もなく、他人のエゴの巻き添えをくわされて、殺されることを思えば、やっぱり日本人はすごい。(悲)アメリカ人は弱い、と感じることはときどきある。職場で、女の教師なり従業員が男の上司のところへ行って泣く話を聞いたりするときだ。泣けば終わりなんだよ。どこか、あいつら根性がすわってないよね、と思うことがある。一人で死ねないやつらもそうだ。そういえば、なめてかかってるな、と思われる奴への宣戦布告ももうすぐである。このあいだ、ブックトークをやったあと、いろいろフレンドリーに話しこんでいって、本を2冊サインさせて、目の前で小切手まで切って、それでも小切手を渡していかなかった奴がいた。で、その男、私のトークの原稿まで欲しいとまでいいやがって、断った私の気が変わったら、とばかなことに自分の名刺までおいていった。どうもおかしい、と感じて、小切手ももらわなかったから、名刺にあったアドレスに、小切手ください、と書いてやった。で、おかしなことに、その男、ああ、渡すのを忘れてました、送ります、と返事するのである。もう渡しましたよ、と嘘をつく度胸すらない。で、こちらとしては、トークの原稿が欲しいとかなんとかフレンドリーにかっこつけられて、かつ2冊もとられて(盗むならひそやかに1冊にしとけよ。怒)そのなめてかかってる態度がどうも気にいらないから、とことんやってやる、と考えているわけである。どこか詐欺師まがいのものを感じさせるものをもっていながら、中途半端に終わっているそのばかさ加減に、なめられているようなものを感じて、腹をたてている。見ておけ、どあほ、とことんやってやる。わずか30ドルでも、私のintegrityのために私は戦う。149人も身勝手に殺してしまう柔なあほとは違うことを見せつけてやる。。とかなんとか、疲れる、疲れる。だから、洞窟の外に出るのはいやなんだ。。洞窟の外は、おかしな奴が多すぎる。(怒笑)

2015/03/20(金) やっと春
夕方7時。晩御飯にカレーを作って、食べる前にビールを飲んで、やっとのんびり。日本から戻って1週間である。帰米の日の前日あたりからコーヒーを飲まないようにして、時差ぼけ対策をやったおかげで、今回はほとんど時差ぼけなしで、自然に通常生活に戻れた。すごい。。日米を往復するようになって30年。初めてのことである。(笑)火曜日には大学でのブックトークも無事に終えて、家の片づけもぼちぼち。庭掃除も忙しくなってきた。雪は私が帰ってくる前日にばああと溶けたとか。道のごみ拾いも開始して、できる限り歩くようにしている。いよいよ来週あたりから、シカゴでのボランティアも開始するつもり。今日は、ごみ満載の袋を4つほど下げて歩いていたら、突然、カシャンという音が後ろからした。振り返ると、私のそばを走っていた車の窓から、反対車線に向けて、大きなプラスチックのカップが投げ捨てられた音である。ちゃんと運転手を見ておいた。大音響で音楽を聴きながら車を走らせる黒ちゃんである。ああ、こういう言い方はしたくないけれど。。(悲)が、アフリカ系だったことは確かである。掃除する道沿いにも、黒人の住む家があるが、その庭はまるでゴミためのようになっている。私も気を使って、なるべく入らないようにしているが、道を歩いていて見える、とれるものはとれるようにしている。アフリカ系は汚いとは絶対に言えないのだけれど。。(悲)何系であろうと、人は絶対に変えられない。ごみ拾いしている人間を見たら、まるで自分の力を誇示するかのように、わざとごみを投げ捨てたくなる人間もいるのだろう。自分の姑息さがわからぬかわいそうな人間よ。たぶん、そんなことしかできないほど、無力な人間なのである。どうぞ、どうぞ、投げてちょ、。。でも、反対車線だから、私は、わざわざ車が両方向から来ないのを見届けてから、道を渡らねばならなかった。ああ、じゃまくさい。私がやってることが気にいらないのなら、私に向かって投げたらいいじゃないか。1.5リットルのバカなデカカップである。このカップを見るたびに、あほなアメリカ人と思ってしまう。(笑)やっぱり私に向かって投げるのは、ちょっと気がひけたのかなあ。。その気の小ささが命とりなんだよ。堂々と私の足元に向かって、デカカップを投げつけてみろ。そのくらいの根性があってこそものになるというもんだ。。中途半端は命とりだ。。(笑)とかなんとか、自分がきれいにしたばっかりの道に新たにゴミを投げられても怒らない私ーまあるくなったらいよいよもうおしまいかも。。(笑)考えてみるに、運転席は左側だから、右側を歩いていた私には、投げつけようにも投げられなかったのかも。車の右の窓からでも投げようと思えば投げられただろうけれど。。中に茶色の汚いどろっとした液体が入っていた。どうもルートビアを飲んで、その中にたばこの吸い殻を入れてたらしい。一つ確かなことーゴミ拾いから見えるアメリカは本物である。(笑)

2015/03/13(金) 無事に
終わろうとしている。いよいよ明日帰米である。四国から帰ってきて、一日置いて東京へ。旅行が多かったのはある意味よかった。この寒い家から離れて、人間らしい空間で寝られたから。ニュースは春が来た、みたいなことを言ってるけれど、今朝の部屋の温度は4度。ますます下がっている。(笑)しかも、東京に発つ前日、トイレが水浸しになり、あわてて水道局に電話して、業者さんに来てもらうと、なんと壁の中の水道管が漏れているらしい、ということが発覚。結局、水道をとめたために、家にいてもトイレに行けないし、もちろんコーヒーも飲めないという状況だった。旅行続きは疲れたが、ある意味よかったのである。(笑)東京は、のろいながら地下道を歩いた。地下鉄は、これでもかこれでもかと歩かせる。疲れた、疲れた。加えて、同じプラットホームでも、右と左では路線が違うということを学んだ。確か南北線に乗って、次の駅で降りて、銀座線に乗る、ということだったのだが、ホームの左側が銀座線だったので、右側も銀座線だと思って乗ると丸の内線だったようで、結局自分がどこにいるのかさっぱりわけがわからなくなって、どうやったら元に戻れるのかわからなくなって困った。困った。あああ、東京は人ばっかり多くて、疲れる、疲れる。が、今朝無事に水道も直してもらい、予定すべて完了。もう少し神戸を楽しみたかったけれど、どうもアメリカの家も地下室が雪解けで水浸しになってるようで、休む暇なし。。また戻ってこよう。今度は、もっと季節のいいときに、神戸を楽しみたい。今回はほんとに寒かった。シカゴより寒い。。。(笑悲)

2015/03/08(日) 日本日記5
きのうは、松山で生まれはじめてのことをした。開店前のデパートで開店を待ったのである。待ってる人がけっこういるのを見てびっくりした。へえ〜〜〜。(笑)10時直前になって、制服の女の子が出てきて、今日はご来店ありがとうございます、もうすぐ開店いたします、もう少しお待ちください、と言うわずか1分ほどのあいだに、5回も6回もおじぎをした。これまたびっくり(笑)拒食症にかかっているかと思われるほど細い足二本で、あれだけおじぎをすると、ふらつきよろけるのでは、と心配したが、さすがにプロ、ふらつくことなく乗り切った。まあ、よく頭を下げること。びっくりした。はじめと終わりだけでいいんじゃないの。かなりのエネルギーの無駄。(笑)で、女の子が中に消えた途端、ドアがあいて、人々が入っていった。で、私も入ると、また両側に並んだ女の子がぺこぺこぺこ。これかな、と思った。日本人であることの証拠は。おじぎが自然にできる、である。茶道や華道の所作は意図的に学ぶものである。でもおじぎは、社会の中で自然にみんなが身につけていくものなのでは。。おじぎの代わりに、ハグでも自然にするようになると、もう日本人ではない?? NHKの朝のドラマで私が嫌いだったことードラマの初めから日本人の男とイギリス人妻がしょっちゅうハグをしたことである。戦前、たとえ国際結婚でも、日本人男と外国人女はあんなにハグをしたのだろうか。戦後でも、女は男の後ろを三歩下がって歩く、で育った私には、どうも居心地悪いシーンだった。もしお辞儀がハグにとってかわられるようなことになれば、日本人は消滅?? でもデパートがある限り、日本人も健在だろうなあ(笑)

2015/03/06(金) 日本日記4
高松のビジネスホテルにて。今回の旅行で、初めて人間になったような感じ。。部屋があったかい。(笑)それにしても、きのうは大変な一日だった。朝早く、えらく救急車のサイレンが近いな、とは思ったけれど、近所に特養があるせいだ、といつものように思っていた。で、家を出て駅に向かってびっくり。家の前の路地から車道に出た途端、救急車と消防車とパトカーが止まっている。いやあな予感がした。近所の人かも。それにしてもびっくりしたのは、救急車も消防車もパトカーも普通のサイズではなく、軽自動車のサイズだったことだ。このあたりの地形にあわせた特別仕様なのだろう。アメリカの警察と違って、権威を象徴するものではなく、なにやら地元に密着した、かわいい〜〜〜感じがした。(笑)で、駅に行ってびっくり。またやりやがった。人身事故である。ええっ〜〜〜〜朝5時45分ぐらいに神戸の東でやって、7時近くなっても、まだダイヤが狂っている。くそ〜〜〜、バスに乗り遅れるやないか。死ぬときぐらい、人に迷惑かけないようにして死ねや、と本気で思った。この国は、わずか2週間ほどの滞在期間に一度でも人身事故にあわずに、電車のダイヤが狂わなかったら、奇跡に近いようなものである。いい加減にしてくれ。そういうことに何の問題意識ももたないこと自体がもうおかしいのである。もちろん回りの人は慣れた風にし〜〜〜ん。駅員の「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」のアナウンスだけがうるさい。うるさい、黙れ、お前が謝っても何の意味もない、口先だけのことは言うな、とこれまた腹が立った。で、高松までの高速バスに乗り遅れそうだというので、すみません、私のミスと違いますねん、人身事故でダイヤが狂ってますねん、出発をたとえ1分でも待ってもらえませんか、一生懸命走りますから、とバス会社に電話したけれど、それはできません、の一点ばり。おんなじJRのバス会社やろ、私が行くまで待ってくれ、というとんのと違うんや、肝心のところでほんとうのサービスができずに、ただただ、ご迷惑をおかけしてすみません、の口先だけの言葉だけですませようとする、これまた融通のきかないがちがち対応に腹を立てて。。。で、やっと電車が来て、走って、でバスに乗れた。1分ぐらいは遅れてたかもだけど、ああああ、ラッキーだった。何本もの電車がキャンセルになっていたから、ラッキーだったのである。で、60年間、目の前に見て過ごしたけれど、淡路島があんなに大きいとは知らなかった。プラス、神戸から高松までわずか2時間とはこれまた知らなかった。やっぱり緑いっぱいの山のある風景がいい。。そういえば、神戸空港は廃港になる恐れあり、今の神戸市長は官僚出身で、観光都市神戸をつぶしている。。といろいろ聞いた。私は神戸空港反対で署名した人間である。六甲山をつぶしてまで廃港を造ったとなると。。。あっほ。。(怒)地方都市はのんびりして、おだやかでいい。高松は快適。でも、もううどんはいいよ。神戸のうどんとあんまり違いがわからず(笑)

2015/03/03(火) 日本日記3
いよいよ部屋の温度は5度を切っている。でも、寒いとは思わない。これって何? (笑)ガスやさんは、台所のガス栓は取り替え不能とのこと。壁を壊さなければならないから、まずは大工さんと話をしてくれ、と。大工さんが入ると、費用はびょ〜〜〜んと高くなるではないか。ガスを止めるから、まあ、帰ってきたときに、家中、ガスが充満して、なにかの拍子にど〜〜〜と爆発する、ということはないというから、取り替えをあきらめることにした。というか、どこまでもつか、実験することに。(笑)なにかとほんとに大変になってきた。近所のおうちも今回帰ってくると、家の周りがシートにおおわれ、足場がたっているから、どうしたん、と聞くと、築47年で、壁のひびわれで水がはいってきたりするから、やり直してるとのこと。昔の私の部屋の窓から見える風景も、昔は緑の丘だったのに、いまやモダンな家がバンバンバン。瀬戸内海を見渡せる絶好の場所だから、めちゃ高価ですべて注文住宅だろう。私の子供時代は、その隔世の感が外国人の日本人に対する気持ちだったろうが、いまや日本人の手に。でも、昔と違うのは、緑がないことだ。昔はりっぱなこんもりとした緑が西洋式住宅の庭になってたけど、今の日本人の注文住宅には、庭はまったくない。ただただ、木を切り倒し、宅地にして、家を少しでも多く建てようという目算。売りはただただ水平線が視線の高さに一望に見渡せること。私は森のほうが好きだったなあ。。故郷も様変わりしつつある。改めて、故郷は遠くにありて思うもの。。(悲)

2015/03/02(月) 日本日記2
滞在3日めにして、やっとコーヒーが飲めるようになった。ロサンゼルス旅行から引き続いて太平洋を越えたから、どうも調子がよくなかった。室温はいよいよ下がって、6度ぐらいになってるけど、体が慣れてきたのか、来たときほど、さむい、寒いとは思わなくなった。でも、足も手もかじかんでいる。こういうとき、血管は収縮してるのだろうなあ。これが脳梗塞やら心筋梗塞を起こすのかも。いよいよ親と同じ状況になりつつあるのかも。ああ、それもよし。(笑悲)今は、ガス漏れを予防するために、台所のガス栓を変えてもらうための見積もりをとってもらおうと、サービスマンを待っているところ。家の中より外のほうがあったかいんだから、早く外に出たいんだけど。。夜中の2時から起きている人間のいらだちなんて、who cares? ああ、早く来てください。そういえば、あのサービスマンさん、このあいだ来てくれたときは、家に入るなりくしゃみを始めた。花粉アレルギーとか言ってたけど、ほんとはほこりアレルギーかも。。なかなか来てくれないかもなあ。ああ、凍っちゃいそうだよ〜〜〜(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.