〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年3月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2015/03/31(火) 新しい経験
また新しい経験をした。アメリカの検便である。大腸がんの検査だそうで、ほんとは50を過ぎたら毎年しなければならないそうな。乳がんの検査やら骨密度やら大腸がんやら、何やら検査が増えるのみ。乳がんなんか病院からやいのやいの言ってくるが、ほったらかし。。毎年じゃなくて、せいぜい5年に一度でいいや。。でも、まあ大腸がんはしたことがないので、やってみようか、とセットをもらってきた。びっくり、びっくり。。便座にわたす薄い紙がついている。この上にせよ、と。ええええええ。。。便秘症の便が、こんな薄い細い紙の上に乗るのかよ、と思ってたら、案の上である。。。いったん紙の上に着地しても、紙が傾いて、そのままぼそんと下に落ちた。。ぎゃあ。。。水の中に手をつっこんでひろわなあかんの、どうしよう、と思ったら、ちょこっと残りが出たので、よかった、よかった。。。で、そのあと、その残りものを、小さなくしで最低5カ所をぶすぶす刺すのである。げっ。で、そのくしを溶液の入った容器に入れて、クリニックに送りかえすという仕組みである。自分の便をあんなにしげしげと見たことがなかったので、それはそれで新しい経験だった。(笑)で、思い出した。昔は、検便といえば、蟯虫検査だったな、と。新聞紙の上でして、それをアイスクリームを食べるときみたいな小さなスプーンで拾って、マッチ箱に入れて、学校へもっていったものである。日本人の医者が検便の話をしたとき、マッチ箱ですか、と聞いたら、医者はけげんな顔をしていた。たぶん、マッチ箱の検便箱を知らない世代だろう。(笑)で、その新聞紙ごとトイレにどぼん。。。あれは、おけをふたつ天秤棒の両端にさげて、肩にかついで、ちょぽん、ちょぽん、と黄土色の糞尿を道にこぼしながら運んでいた時代だった。きれいにくんでもらいたいから、と母が地下足袋のおっさんに100円を渡していた。ああ、なつかし、なつかし。。(笑)今や、蟯虫とは縁がなく、大腸がんの検便の時代である。それも、くしをぶすぶすモノにさして、液につける時代。。。便利といえば便利だけど、紙に落とす部分は変わってないなあ。。(笑)あんな薄い細長い紙を水の上で綱渡りさせるよりも、大きな新聞紙のほうがいいなあ、次は新聞紙でやってみよう!!!(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.