〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/10/12 めんどくさいということ
2019/10/07 秋想
2019/09/28 同じパターン(悲)
2019/09/26 幸せって。。。
2019/09/15 いろいろ

直接移動: 201910 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2016/10/30(日) ハロウィーン
日本からのテレビが、一生懸命ハロウィーンの盛り上がりを見せている。今や、バレンタインに匹敵するほどの売り上げがあるそうだ。なんでえ???? まあ、コスプレというものがはやるところだから、はろふぃーんで仮装するというのもぴったりな気分なのかもしれぬ。こっちは、明日は、居留守を決め込む日である。ただ逃げる日。(笑)電気を全部消して、地下室にこもる。それにしても、日本人の外国文化取り入れも、いよいよ極まったのでは。明治時代なら、鹿鳴館に反対する人もいたのに、現代は、東京都知事まで、リボンの騎士の恰好をして、人前に出る時代である。固いことを言って、嫌われては政治家失敗ということなのだろうか。いよいよエリートは消えつつあるなあ。。選挙で選ばれるためには、大衆に迎合せねばならぬ。大衆好みの言葉を並べるだけで、わが身安泰???ああ、いやだ。。(怒)まあ、金儲けが大すきな日本である。魂を売り渡しても、楽しかったらいいと。。かわいそう。。せいぜいがんばってちょ。。。小学生が、ハッピーはろいぃーんと言ってるのにはぎょっ。何がハッピーなものか。。(笑)小学校からの英語教育ってこういう感じなのだろうか。

2016/10/28(金) 再び雑感
昨夜、無事に日本から帰ってきた。今朝、一番にしたこと。カイロに行ってきた。日本での2週間は、両足が悪くて、びっこひきひきだったから大変だった。で、カイロの先生も、なんとガンであることがわかって、日本で療養中とか。どこの家庭も大変である。(悲)飛行機に乗るのも、年間10万マイル飛行機に乗る人よりも先に、障碍者として先に乗せてもらう状況だったからーびっこひきひきでは時間がかかるー、とにかく戻ったらまずカイロと、運転中に時差ぼけが来ないようにと、朝の7時半に家を出て、見てもらいにいった。先生の跡をつぐのだろう娘さんにマッサージをしてもらった。どうかよくなりますように。早く普通に歩けるようになりたいなあ。左足は6年前から悪く、今回は右足だから、もう6年以上まともに歩いていない。(悲)日本は、自分がまともに歩けないことも含めて疲れた、疲れた。。まず最初に、大阪府警の人間が、沖縄の人間を「土人」と呼んだというニュースにびっくりし、電車に乗ろうとすると、スマホ?とやらをいじくっている人間は電車がきて、ドアがあいても、スマホとやらをいじり、電車に乗ろうとしないということがわかって、腹を立てた。新幹線でも同じ。エレベーターでも、こちらが乗ろうとしても、エレベーターから降りないのである。スマホはアホを作るという結論で(笑)、スマホをいじっている人間の後ろには絶対に立たないと決心。(笑)あまりにもばたばたして、ゆっくり楽しめない日本旅行だったから、ちょっと残念。もう少しゆっくりしたかったなあ。で、こちらに帰ってくると、核兵器禁止条約に、日本が反対したというニュースを聞いて、また腹が立った。棄権でも腹が立つのに、反対だって。情けない。世界で唯一の被爆国、みたいなお涙ちょうだいの言葉は二度と口にするな。オバマの折り鶴で喜ぶ程度では、しょせんこれぐらいのことしかできないのである。フィリピンの大統領のほうがよっぽど国家のために仕事をしている。情けない国だ、日本は。というわけで、アメリカでの日常が始まった。もう当分、旅行はしたくない。しばらく洞窟でおとなしくしていよう。もう腹を立てる必要もなし。ばんざああい!!!(笑)

2016/10/12(水) 雑感
たまに洞窟を出て、近所のスーパーに買い物に行くと、どこもかしこもオレンジ色。ハロウィーンの色だ。そうかあ、もう秋たけなわである。庭の木々も、赤や黄色に色づきはじめた。気温も落ちてるから、冬のセーターを着たりしている。この季節を見届けられないのは悲しい、今晩、今年3度目の日本行で、空港近くのモーテルに泊まりに行く。今、家でしていることは片づけである。無事に日本から帰ってきたら、すぐにこちらの日常に入れるように、雑多なものを捨てたり、片づけたりしている。相変わらずの終活である。日本へ行くことよりも、こちらに帰ってきたときに、すぐにいつもと同じ生活のリズムが取り戻せるように、と考えてるなんて、いよいよ日本は旅行の国になったかなああ。。(悲)今回の懸念は、娘といっしょということだ。彼女は、親と同じ飛行機はいやだ、と、一日遅れでやってくる。神戸の家に、自分たちだけで寝泊まりするのは初めてのような気がする。娘が小さいときは、家にはいつも母親がいたから。母親が危篤になったときは、老人ホームのゲストルームに泊まっていたから、母がいなくなってから、あの神戸の家で時間を過ごすのは初めてである。あの神戸の家で、新しい歴史が始まるのか、それとも。。娘に言わせれば、子供時代の日本旅行はトラウマになっているそうで(いつも、だめだめ、と怒られることばっかりだったから、とか。。)、今回、日本でいい時間が過ごせるかどうかは、彼女にとって日本が好きになるかどうかの試金石だそうな。。。(笑)とかなんとか、娘が日本旅行できるのも、30になってもまだ一人だからでしょ。。いい人ができたら。。。もういっしょに日本へ行くことなんかなくなるよなあ。。で、今回の旅行は、しょうしょういやなことがあっても、目をつぶるつもり、とは思うけれど、やっぱり若い人とどこまで付き合えるものか。。。こちらは、太平洋を越えることにもうそれほど期待感がないのである。。。(悲)とにかく、がんばろう。。何を??わからん。。(笑)

2016/10/07(金) 雑感
無事に、イリノイ歴史学会から戻ってきた。無事にプレゼンも終わった。よかったあ。。何人もの人から、very interesting, very good という言葉をもらった。オンガワさん、よかったね。。(笑)でもまあ、今年も集まってた人の中で、アジア系は私一人。母の遺品で見つけた、おばあちゃんの長じゅばんをワンピースに改造したものを着ていったから、一人でも、人の群れのなかにおぼれて消えることはなかったと思う。。(笑)家に帰ってきて、日本のテレビをつけると、阿蘇山が噴火したという話。ホテルでテレビをつけると、フロリダのハリケーンの話ばっかり。どこへ行っても気象庁の人は忙しそう。。(笑)で、ああ、いやだな、という言葉を聞いたので、書いておこうと思った。テレビの取材を受けた人が、何やら太鼓の紹介をして、「拝見していただきたい」と言ったのである。「拝見していただきたい」なんて言葉が平然とテレビで流れるようになったら、終わりだね。拝見させていただく、とは言うけれど、拝見していただきたい、って何??見にきていただきたい、とは言えないんだあ。。日本語がここまでむちゃくちゃになってるのに、小学校から英語教育??それも日本人が教える??ほんとに、ほんとにだめになったね、あの国(悲)そういえば、このあいだは、カリフォルニアで同人誌を出している人が、「期待させていただきます」と書いてきたから、そんな慇懃無礼な言葉は聞きたくない、あんたの期待なんて一切いらない、書くほうが金を出してるんじゃないか、口先だけのあんたの期待なんて無用、と書いて送ってやった。。日本語は死にかけてるねえ。。で、「もう一度、日本」をよびかけ、金もうけの話ばっかり。。どんなに金もうけしても、絶対に尊敬はしてもらえないよ。存在感なし。。もうそれは経験ずみなのに。そういえば、このあいだ、ノーベル賞を受賞した人が、日本人受賞なんて喜んでいてもしかたがない、みたいな発言をしたと読んだ。その通り。大学生の基礎学力が落ちてるとのこと。「拝見していただきたい」なんてテレビで言える人間と、ノーベル賞日本人受賞者の数やらオリンピックの金メダルの数を数えて喜んでいるのはまったく同じレベル。。ばっか。。何とかしてくれ〜〜〜(笑)

2016/10/02(日) 夏目漱石2
ドラマ2回目を見た。夏目漱石が、妻や子供たちに「出ていけ」と怒鳴り、暴力を振っていた。私も、ああやって、「出ていけ」と怒鳴られ、足で蹴られていたなあ、と思い出した。(悲)夏目漱石と私の家との違いはどこ???と考えて、やっぱり才能の有無、との結論である。。(笑)いい家のお嬢さんだった奥さんも、なにやら実家が破産して、といろいろ大変なようで、こんなことなら、商売繁盛のうどんやさんのおかみにでもなればよかった、と思ったかどうかはわからん。。(笑)というわけで、結局は、誰しもが与えられた人生を一生懸命生きるしかないのである。文豪も、売れないライターも同じ。。(笑)才能をもって生まれた人も生まれなかった人も、一番大事なことは、自分を知り、自分を受け入れて、一生懸命生きて、幸せだったと納得して、この世を去ること。。今週、州都で開かれるイリノイ歴史学会で発表するテーマを、グーグルスカラーでチェックすると、誰も何の論文を書いてないことを発見。。私の発表は世界プレミアである。やったあ。。(笑)でも、思うに、私が発表するテーマに、いったいどれだけの人が興味があると言える??世界中で私だけ、の可能性大である。(笑)アカデミアの、それも人文系なんて、そんなものなのでは。。でも大学の先生たちは、一生懸命本を書く。。書いて、誰が読む???と考えていくと、結局は、本を出すのも、自分の人生に納得するためのツールか、「飯の種」の表示にすぎないのである。(売れないライターの本はただただ趣味のツール。。。笑 ノーベル文学賞をとる人は除外。。。笑、夏目漱石も、除外。。笑) というわけで、夏目漱石のドラマがほんとに言いたいことは何かを見極めたく、来週を楽しみに、またがんばって生きよう。(笑) 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.