〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/16 下手に出るということ
2019/11/14 表彰状
2019/11/12 情けなく腹立たしい
2019/11/11 残念
2019/11/03 鬼の霍乱

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2017/01/31(火) アメリカ
司法長官代理が解任されたという。アホが、you are fired といったとか。司法長官になれるような人は、次の仕事はすぐに見つかるだろう。彼女は正しいことをした。(拍手)アホは、国民を守るために、みたいなことを言っているが、これは日系人強制収容とまったく同じである。アメリカを守るために、と言って、西海岸の日系人を全員強制収容所に送りこんだ。あのときも、司法省は、その大統領令が違憲だと知っていたが、政権内の権力争いがあったとか聞いている。今回は、司法省は正しいことをした。それにしても、アホの回りには、アホの金目当ての取り巻きがいて、アホをコントロールできないんだろうなあ。みっともない裸の王様だ。アホよ。お前の薄汚い裸なんて見たくもない。ひっこめ。お前こそ、you are fired だ。運転しながら、ラジオを聞いていると、シリアやトルコからの留学生がインタビューに応じていた。大学の博士課程にいる人たちである。卒業後は、アメリカに住みたかったけれど。。みたいなことを言っていた。アホよ、知っているか。アフリカや中東からやってくる人たちの中には、お前に投票したアメリカ生まれの人間よりも、そんな人間が想像でもできない、はるかに社会的階級が上で、お金も能力ももっている人がいるんだよ。で、アメリカ社会は、そういう人たちの能力を吸収して、これまで繁栄を謳歌してきたんだよ。いっぱからげに入国禁止にして、その人たちがいなくなったら、誰が困る? お前が守るといっているこの国だよ。それがわからんから、大統領の資格なし、と言ってるんだよ。 わかるか。わからんなあ、お前には。わからんから、ドアホなんだよ。(怒)それにしても、腹立たしいのは、民主党である。弾劾への手続きをはじめるべきだ。共和党のなかにも、アホを批判している人がいるのだから、その共和党とつながって、汚い裸をさらしているアホを首にするように動くべきなのに。一体何をやっているのか。日本の首相はノーコメントだとか。そうだろ、そうだろ。ほんとのリーダーシップがない。アホと同じだ。要するに、リーダーシップとは全体を考えて、全体と個別のバランスをとりながら、道を切り開いていくことだ。 個別ー日米ーのことにしか関心がないというか、それしかできないから、世界全体を俯瞰するコメントは出せない。全体を俯瞰する視座に、理想がない。それが小国の証拠である。まあ、日本はそれでいいけれど、アメリカは理想理念で始まった国である。アホがやってることは、この国の建国精神に反する。それは絶対に認められない。早く心臓麻痺でも、セクハラで手にいれた、どう見ても体だけで、頭の中空っぽの嫁はんとでも、妾とでも、バイアグラの使いすぎで腹上死でもやってくれ。あの男が消えた日こそ、世界中が、大セレブレーションである!!! そういえば、きのうボランティアに行って、おばあさんがまた二人亡くなったことを知った。一人は、先週の月曜日はすでに一日中寝ていたヒスパニックのおばあさん。おかしいな、と思っていたら、金曜日になくなったとか。歯ぎしりのひどかったインドからのおばあさんは元気だったのに、心臓麻痺で木曜日だったとか。その前の週に亡くなった、骨と皮になっていた日系のおばあさんの年は95歳だったと知ってびっくりした。インドのおばあさんは85歳。みんな長生きする。ほんとに人生100年の時代である。だけど、あのアホだけは。。今、この瞬間に死んで、消えてくれ!!!憎まれっこ、世にはばかる、って、あたっている(怒)

2017/01/29(日) 戦争だ
日本からのニュースでも、トップで、アホの顔と、あの汚い口と声が流れるからぞっとする。いよいよ、あのアホ、戦争を始める気らしい。中東とアフリカからの難民か移民の入国を制限しはじめたという。今頃、テロ集団は喜んでいるに違いない。空港でデモの騒ぎが起きているのに乗じて、テロをしかけようと思えばできるだろう。テロリストたちに、報復という恰好の言い訳を用意したのは、アホよ、お前だ。アホよ、これで国を統一できると思ってるのか。お前の家族経営の会社なら、お前が何をわめいても、それがとおってきたのだろう。が、国やら社会のマネージメントはそういうわけにはいかぬ。お前がやってることは、戦時中の日系人強制収容とまったくおんなじ発想からである。ステレオタイプで人間を判断し、いっぱからげで拘束し、権力者として一人ご満悦である。ドアホ。大きな顔をして、大統領選に出るまえに、アメリカの歴史を勉強したのか。しているはずがない。金もうけのことばっかりだったろうからな。日系強制収容の史実なんか知らないだろう。お前こそが人種差別主義者であり、お前こそがテロリストであり、ほんとのアメリカ人ではない。お前には、アメリカ大統領をなのる資格はない。力を誇示し、相手を恫喝して、自分の思うとおりに動かそうとする最低のアメリカ人の屑だ。家族経営のつまらぬ会社で、部下を恫喝して、金もうけしてたらいいんだよ。ひっこめ、ドアホ。 いよいよデモに参加して、声をあげていかねばならないときが来ているような気がする。。。いい加減にせえ、薄汚いドアホ。(怒悲怒)

2017/01/27(金) ああ、はずかし
2年ほど前に、立命館大学のジャーナルが掲載してくれた論文を、書籍の一部としておさめてもらう可能性を探って、今、手直しをしている。すでに活字となった論文を読み返して、ああ、びっくり。へたくそ〜〜〜書いた私がさっぱりわからぬ。。読んでもらった友達に、さっぱりわからなかった、と言われて、なんでやろ、と思っていたが、自分が読んでみて納得。さっぱりわからん。こりゃもう、大変だ。大学には多大なご迷惑をかけている。ごめんなさい。加えて、少し前に、立派な大学の関係者が書いた論文の翻訳をしていて、文章がへたくそ、と文句たらたら並べたが、自分の論文を読んでみて、こりゃだめだ、ということになったから、これまた謝らねばならぬ。ごめんなさい。確かに、私のへたくそとは違いがある。前者は、文一つ一つが、主語と述語がつながらず、何これ、と腹立たしかったが、論文としては立派な形をしていた。さすが、学者である。私のは、文一つ一つはまともだが、論文の形をなしていない。要するに、論点があっちこっちに飛んでいるから、読んでいると頭が混乱してきて、いったい何が言いたいのかさっぱりわからないのである。あああああ、わたしゃ、頭が悪いなあ、と自分でもいやになった。(悲)文章を書けば、頭の整理度がすぐにわかる。あああああ。私の尊敬する大学の先生は、立派な先生だが、私のようなド素人でも、すっと内容が頭に入っていくような、簡単な単語でわかりやすい文章を書いて、本を何冊も出している。ものすごく頭がいいのは一読瞭然である。すごい。私は先生の大ファンである(笑)大学の先生といっても、中には、むずかしい単語をごたごた並べて、おまけに長い長い文章にして、読んでもさっぱりわからん文章で本を出してる人もいるもんなあああ。。文は人なり、を改めて思う。私の文章は。。。あああああ。お先まっくら。。振り返ったら、はずかしいことばかり。。でもまあ、還暦を過ぎた人間に何を望もう。。もう目の前に残された時間は限られているのである。ただただ、これまでの愚文を読んでくれた人にはわび、前を見て、少しでも、成長?の跡が感じられる文章をつづるのみ。。がんばります。そして、ごめんなさい。

2017/01/26(木) 分断とは
娘が、珍しいことに、お昼に電話をかけてきた。昇進して、給料があがったそうな。去年の暮れにも、人の倍のパーセントで給料があがったといってたから、おとどしの給料と比べると、1万ドルぐらい上がったのかもしれぬ。この調子でいくと、自分の父親のほぼ半分の年齢で、父親が生涯かけて手に入れた給料を追い越すのだろう。(笑)友達には、子育てはグッドジョブでしたね、と言ってもらったから、他人には順風満帆に見えるだろう。そう、小さなときから子育てには苦労したから(子供のほうが親より頭がよかったら、親の権威失墜で大変なのである)、娘の成功は疑わないけれど、親としては、ただただ健康でいてほしいと願うだけである。給料のいい仕事はこき使われ、ポイされる可能性が高い。給料に見合うだけの成果を出し続けるのは大変なことである。 とりわけ、はやりのITうんぬんの世界は。東大出のきれいな若い娘さんも電通でIT広告の分野でこきつかわれて、自殺に追い込まれたようだった。かわいそうに。ITなんて非人間的な世界に殺されるなんて、絶対にごめんだと、洞窟にこもって思うのは、社会の分断という言葉である。 あのアホに投票した人たちは、ほんとにアホが自分たちにも富を回してくれる、と思って投票したのか。アホが言ってるのは雇用の創出ばっかりだけど、今、不法移民ががんばってやってる仕事を、アメリカ人は喜んでするのか? 社会の最底辺を支えている不法移民の仕事を、アホを選んだ人はするのか。娘の様子を見ていると、この国では、出た学校やら仕事の分野で、すでに給料の出発点が違う。経済的格差は仕事をはじめたときからあるのである。もしその中でよりよい生活をめざそうとするなら、学校へ行き、訓練を受け、新しい技術を身につけ、と、AI?にでも勝てるだけの知識と技術を学び続けねばならぬ。アホは、メキシコとの壁の警備員やら、環境を破壊するパイプラインの建設と、その場限りの仕事の提供を雇用創出と呼んで、薄汚い笑いを浮かべているが、ほんとに大事なことは、長い目で見て将来を築いていける労働者の教育環境を整えていくことである。しかし、金を鼻先にぶらさげて、人の気をひくことしか考えない小人は、壁をつくる建設業は思いついても、壁ができあがったあとに、教育が必要になることは考えず、ただただ目の前の金創出のために、一番に教育予算をカットしたがる。アっホ。社会の分断を乗り越えるのは、やっぱり大衆が教育を受け続け、社会の底上げをはかって、社会の安定をめざすことである。教育を受けた大衆が、大衆を無知のままにしておけば安泰と考える独裁者をひきずりおろさねばならぬ。なぜ、アメリカには銃保持の自由があるのか。独裁をひっくり返す革命のためである。それが民主主義であり、革命のために力を蓄えねば、と、洞窟にこもりながら、うらめしげに雪をながめている。一体私に何ができるのか。あああああ。次に「女の行進」があるなら、今度は出ていくぞ!!!

2017/01/25(水) 弱いものいじめ
アホが、メキシコとの国境に壁を作る大統領令にサインしたんだって。アホか。言うことがいいではないか、壁を作る費用を、メキシコに払わせるシステムを作るだとよ。これが、世界一の大国が言ったりしたりすることか。メキシコの国力とアメリカの国力を比べれば、これは完全に弱いものいじめである。弱いものいじめしたがる権力者に、吐き気を催す。最低の器の小ささである。弱いものいじめでしか、自分の力を確認できないアホ。私が戦った、あの給料課のおばさんとまったくおんなじレベル。アホ。で、壁を作る雇用を生み出すとさ。あのアホ、雇用を生み出す、しか言えない。そんなことばっかり言って、それでバランスがとれると思ってるのか。世界はそんなに甘いものではない。その一方で、不法移民が不法に投票したからどうのこうの。アホ。そうだ、お前のようなアホが大統領にえらばれないように、獲得した選挙人の数で勝敗が決まるような、おかしな選挙制度こそ変えるべきなのである。裸の王様のアホさ加減もここまでなると、あきれて怒る元気すらなくなってくる。そして、アホのねらい目はそこなのである。こちらが元気をなくすのを待っている独裁者である。だから、怒り続けなければならない。メキシコの大統領は若いイケメンである。(笑)がんばれ〜〜〜〜 指をひねくりまわし、タコのはっちゃんみたいな口で、日本の中学一年生レベルの形容詞しか言えないエロじじいなんかに絶対に負けるな!!!(怒)

2017/01/22(日) へええ、日本って
そういうところだったのか。今回、それをはっきりと学んだ。きのう、21日は、全米で女性のデモがあった。娘はシアトルで、カリフォルニアの友達や義姉はバークレイで参加、フェイスブックで見る限り、インディアナポリスでもウィスコンシンマディスンでも、もちろんワシントンDCでも、そしてシカゴでは50万人だか、とにかく人が多すぎて、道が埋まってしまい動けないから、行進は中止になったぐらいの規模で、全米で女たちが新政権反対のデモをしたのに、日本からのニュースでは、このことを完全に無視した。へえ、日本ってそういうところだったのか。それが、あのアホに対する忠誠心の証明?ってこと?? 政府からメディアにお達しがあったのか、流すな、と??? 情けない国だね、ほんとに。そんなことで、アホが日本にへらへらして、言うことを聞いてくれる、とでも思ってるのか??? ていよく使われるだけだよ、ばか。。ニュースはニュースとして、客観的に流すべきなのに、それすらできなくなった日本のメディア。テレビだけではなく、オンラインでもまだ見てないよ。終わりだね、あの国は、ほんとの意味で。そうそうオーストラリアが、アメリカ抜きのTPPの実効に向けて、努力するそうで。日本はどう出るの。アホにへらへらして、オーストラリアを袖にする??? 白人の国同士の軋轢に、これまで必死でTOOを通そうとした黄色い国がどう出るのか。こりゃおもろいなああ。(笑) 

2017/01/20(金) だみ声
誰もあの男を殺さなかったようで、とうとう悪夢が始まった。あの男が国のトップである。アメリカは世界に恥をさらすことになった。ああああああ。で、今日、気づいたのである、私があの男の何が嫌いか。あのだみ声である。汚い声である。あのだみ声で、家族経営の会社で、偉そうに、汚いセクハラの指を振り回して、ぎゃあぎゃあ言ってきたんだろうなあ。家族経営の会社ならそれでいいけれど、国家の長ともなれば、あれでは品がなさすぎる。就任演説とやらもちょっと聞いたが、知性のかけらすら感じられない、くだらない演説だった。あれで、国が回るのか。そう、たぶん回るんだろうなあ。。くだらん。そうだ、あほが言うように、自分を守っていかねれば、これから先、あんなあほに世界が振り回されて、何が起こるかわかったもんじゃない。くそっ。。。ニューヨークタイムスにワシントンポストよ、見張れ。で、あの男を引きづりおろせ。第二のニクソンをめざせ。。(怒)声といえば、昔、夢中になっていたきむたく君の新しいドラマが始まった。第一回を見て、びっくり。。昔、好きだった声に何も感じず。。しかもドラマの設定が、大門みちこ?のドラマとまったく同じなのである。あれって、おんなじ所でロケしているの???医者の集まりで、出てくるやり方も同じ。。ホールの真ん中を一人歩いて登場する。。。よくもまあ、こんなまねしいのドラマを作ったよなああ。。ああああ、どこもかしこも、くだらん、くだらん、というわけで。やっぱりただひたすら洞窟にこもろう。。。世間はつまらぬ。。(笑)

2017/01/17(火) 殺人願望
あのあほが大統領になる金曜日が近づいてきた。非常に気分が悪い。今度はヨーロッパに向けても、好き勝手なことを言ったらしい。ほんまにあほ。あんな男なんぼのもんやねん。アメリカの恥だ。でも、あの男に投票した人間たちは、自分たちが世界の笑いものになるなど、夢にも想像できず、たぶん人間の尊厳みたいなことはさっぱりわからず、ただただ自分たちがアホなみに金持ちになれる、ぐらいに思って、投票したんだろう。ほんとに情けない。誰か早く殺してほしい、と思うけれど、殺されるのはいつもパブリックのためにいいことをした、いい人間である。アホみたいに自分のことしか考えられない人間をサポートする人間が、自分たちがかつぎあげてるアホを殺そうとは考えない。あああああ、これから4年間が憂鬱なことだ。たぶん経済は下降するだろうから、配偶者には、退職するな、と言った。何が起こるかわからないから、とにかく現状維持でがんばるしかない。高齢者の一人が亡くなった。骨と皮になり、いつもほとんど眠っている状態で、先週の月曜に会ったときなんかは、どう見ても危篤状態に見え(意識不明の感じ、よくこれで家族は外に出すなあ、と感じたのである)火曜日はセンターに来ず、水曜日に病院に連れていって、木曜日に亡くなったとか。亡くなる3日前のぼおおというのは、ふつう確かに意識不明の状態ではないのか。あああああ。そしてもう、あのおばあさんに会うことは永遠になくなった。また一人、この世界から消えた。会ったころは、日本語で話したり、「ゆうやけこやけ」を歌ったりしていたのである。戦後帰米した二世のように聞いていた。今年6月で90歳だったとか。誰も永遠には生きられない。誰も生きたいとも思わないのでは。今日あることに感謝。それでよしとしなくては。。それでも、あの男だけは、今日あることに吐き気を催す。やっぱり、誰か殺してくれえ〜〜〜〜〜(笑怒)

2017/01/13(金) 映画「サイレンス」
きのう、ひさひさしぶりに、シカゴのミュージックボックスへ映画を見に行った。遠藤周作の「沈黙」を映画化したものである。感想1、長かった。。途中でおなかがすいてきて、早く終わらないかなあ、とそれっばかり考えていた。(笑)2 出てくる日本人の英語がようわからんかった。ああ、私の英語もこんな感じなんだろうなあ、と思うと、非常にみじめな気分になった。差別的行為を受けるのも当然かもしれぬ、あの英語では。。(悲笑)3 わたしゃクリスチャンじゃないことを再確認。(笑)ゴッドがどうのこうの、わたしゃ人からああせえ、こうせえ、言われるのがいややねん。(笑)で、私は、神の言葉より、私の全存在を内包してくれる宇宙のエネルギーに身をまかせて、精神を集中させて、宇宙のエネルギーに従うことを選択する。神様がなんぼのものやねん、なんていうたら怒られるかなあ。。でも、信者たちもやっぱり苦悩しているのである。だから、心を鬼にして、踏み絵をし、悩み、また懐柔策にのり、また踏み絵をして。。を繰り返す。で、最後は、隠し持った十字架??? よう、わからんかった。(笑)神様も「サイレンス」−それがテーマなのかなあ。。原作を読みたいとは思わず。(笑)それよりも、大昔、映画の会をして、みなと出かけていたころとは、ころっとお店が変わっていた。(もう10年以上前だもん、当然かあ。。映画館も隣にバーを隣接して、アート系の映画が好きな、けったいな人たちが楽しめるスペースに作りかえていた。ああいうところで、わいわいしてみたい、とも思うけれど、この年になると、なかなか感激する映画にもめったに出会わない。。笑)
それにしても、自分の今の仕事もあわせて、これだけは言えるー宣教師ってすごい。。。かれらのエネルギーと熱意に心から敬意を表したい。日本人で、かれらのような働きを世界でした人がいるだろうか。せいぜい、習い覚えたお茶か華道を、日本文化に興味のある変な人にちょこちょこ教えるぐらい??? 普遍性の追求、という視点から考えると、宗教はすごいと改めて思った。私の宗教は、ごみ拾い。。これは普遍性があるぞ。。(笑)今日も、教会(道のこと。。笑)に行きたいんだけど、華氏10度ではなあ、どうしよう。。神は「サイレント」である。(笑)

2017/01/01(日) クリぼっちの仕事初め
毎日、家にずっと閉じこもっていては、気がふさぐので、今日は天気もよく、気温もなんとか零下ぎりぎりぐらいにあがっているので、ゲトーへごみ拾いに行った。きのうだったか、道で、大きなプラスチックの袋を拾っていたので、ゲトーに行きたかったのである。(笑)なにせ、袋の大きさでごみ拾いに行く通りが決まっている。家の近所だと、大きな袋をいっぱいにするのは大変だが、ゲトーなら、大きな袋なんてものの5分ぐらいでいっぱいになるから効率がいいのである。(笑悲)それで、今日も、道で拾った大きなプラスチックの袋とドライクリーニングに出せば服にかぶされてくる袋をもって、ゲトーに出かけた。案の定すぐにいっぱいになって、充実感を得たが、今日も起きた。。。何かというと、私が、ゲトーにある閉鎖された映画館の駐車場に車を止めると、必ず5分もせぬうちにパトカーがくるのである。これで4回目ぐらいである。前なんかは2台も来たから、いったい何事かと思った。ここに止めるな、。と怒られるのかと思ったが、私に声をかける風でもない。きっと、この駐車場のどこかにカメラがついてるんだと思う。で、誰かが来ると、パトカーが来る??それにしても、いつもおんなじ車なんだからさあ、まあ、カメラの画像を見る警官がいつも同じというわけでもないけれど。。。というわけで、しばらく私の車を見張るような感じで、パトカーも駐車場にいて、30分ぐらいしたら、パトカーは静かにどこかに行く。まあ、それぐらい危ないところなのである。でも、危ないところだとほったらかしにすると、ますます犯罪の巣窟になるではないか。そういえば、今日、気がついたこと。。ごみがいっぱいたまった低木があって、そこからごみを引き出すのに苦労していたのだが、今日、みたら、えらくきれいになっていた。やったあああ。。やっぱり、変なおばさんが一人ごそごそごみ拾いをやっていると、どうも感じるところがあるらしい。よかった、よかった。。(笑)すくなくとも、まだその木は立ってるからねえ。。あんまり熱心にごみ拾いをすると、アメリカ人はその木を切り倒すほうを選ぶから、要注意である。とにもかくにも、今日は、いい仕事初めだった。。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.