〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2017/10/09(月) 再び
今朝早く娘から電話が入った。無事に北京に着いたそうな。ああ、よかった。万里の長城でキャンプをするそうな。物好きなことだ。(笑) キリマンジャロの頂上に立ち、ピチマチュ?を登り、で、今度は万里の長城か。若さの特権である。あと10年もせぬうちに身体が思うようには動かなくなるだろうから、できるうちにいろいろ楽しんでちょ、としか親としては言えない。たぶん私の親も、そう考えて、インドやらシンガポールやらマレーシア、韓国やらとあっちこっち飛び回る私を送りだしてくれたに違いない。で、娘が中国から日本へ行くと言うから、親ばかは、老体にムチ打って、再び太平洋を渡る。母が病気のときは、アメリカに帰ってくるとすぐに日本から電話があったりして、とんぼ帰りすることもあったが、あれも若いからできたこと。。若かかった。。(笑)もうあれから5,6年が経っている。今の身体には、もうそれだけの粘りがないことが自分でもよくわかる。(悲)太平洋を渡れるのもあと何年だろう。 かなり限られてきているのは確かだから、娘が日本に来るというときぐらい、がんばって行ってこよう。娘にとって、日本はトラウマの塊のところだそうな。よかれと思って、娘が生まれて6ケ月から10歳ぐらいまで、がんばって連れて帰ったが、あんまりいい思い出はないそうな。私の親は子供好きじゃなかったしな。母なんて、孫娘を両腕に抱きあげたことなどたぶん一度もなかったろう。そういう人だった。(悲) 父が娘を抱いている写真は有り難いことに1枚だけ残っている。娘にとって日本旅行は過去からの脱却と癒しの旅、だそうな。ああ、むずかし、むずかし、子育ては。(笑)そう、子育ての完成のために行ってこよう。そして最後は、老いては子に従え。。動けなくなるとき、そこはアメリカか日本か。わからないから、生きる楽しみがある??? だといいけど。。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.