〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年5月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/21 雑感
2020/05/16 アメリカ
2020/05/10 とうとう
2020/05/07 出口戦略
2020/05/05 ドアホ対アリストテレス?(笑)

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2017/05/28(日) 再び
他州に一人で住んでいる義父の様子を見に行った配偶者が今朝、、帰ってきた。義父をassisted living facility に入れるのに、どの施設がいいかを見にいったのである。話を聞いての結論ー家の片づけは早め、早めにして、そのときが来たときはすぐに移れるようにしておかねばならぬ。義父は94歳の高齢だが、頭がしっかりしているので、自分で判断できるようなできないような、で、悩みが深まっている。病気になってしまえば、子供のいう通りにするしかないが、まだ頭がしっかりしているので、家をこのまま空き家にするのはいやだ、とか、施設と家と二重に費用は払うのはいやだ、とかいろいろ言いたいことが出てくるのである。今、家がほとんど空になっていれば、これほどまで迷ったかを考えると、終活は、若いうちから始めておかねばならぬ。1軒の家から、よくて部屋2つほどのスペースに移るのである。切り捨てて、切り捨てての作業である。頭がしっかりしている分、しかし体が自由に動かない分、その切り捨て作業もなかなかはかどらないだろう。家を片づけ、売りに出すにも季節があるし、兄弟5人ともなると合意形成が大変になる。家って何だろうとつくづく思う。子供を育てるあいだだけのものにすぎない。子供は巣立ち、そのうちいなくなる。親はただひたすら片づけねばならぬ。残るのは。。。ただただ頭の中の記憶だけ。。。(悲)終わるのである、必ず。だから、いま、住んでるこの家も片づけていかねばならぬ。少しずつ毎日。今が最高のタイミングだと思う。癒しの時間は、庭の木々を見ているときだけ。それでいい、庭も変わりつづける。私も変わりつづけるしかない。家の中にあるものにはこだわらぬこと。。捨てるのだ、すべてを。身一つの気楽な体にならねばならぬ。そうやって生まれてきたのだし、そうやって死んでいくのだ。。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.