〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年10月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/01/02 新年雑念
2018/12/31 年の瀬
2018/12/25 クリスマスの朝
2018/12/22 どあほめ(怒)
2018/12/19 雑感

直接移動: 20191 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2018/10/07(日) 日米の違い
無事にスプリングフィールドでの発表を終えて帰ってきた。ほっ。今回は、2日目のそれも最後のセッションだったから、待つのに疲れた。そのあいだずっと緊張して、水曜日から晩御飯を食べず、一日1食で、もっていった梅酒ばかり飲んでいたから、発表の前日におなかを壊して、ホテルのトイレを詰まらせてしまった。(笑)これはどうなることか、と心配しながら、ホテルからあわてて逃げて、発表に臨んだ。(笑)口のまわりの筋肉を動かす練習をしなければ、と原稿は毎日1回読んだから、無事に読めた。よかった。終わった。(笑)ただもう一人の人の発表が???だった。アメリカ人だから、発表そのものはスムーズだったが、内容が。。。日系人強制収容の話で、キャンプをconfinement centerと呼んだのにはびっくり。そんな言葉、聞いたことがない。加えて、日系人の90パーセントがアメリカに忠誠だったというではないか。じゃあ、残りの10パーセントは???これはかなりヤバい、というわけで、せっかく面白そうなテーマで期待していて、あとでこの発表者と連絡をとろうと考えたがやめることにした。(笑)それよりもよかったのが、このイリノイ歴史学会で、初めてアジア系の人間に会ったことだ。これまで4回ほど行って、集まっている人のなかで、私はいつもたった一人のアジア系の人間だった。それなのに、今回は初めて、背の高いアジア系の男性がいた。何の躊躇もなく、彼のところに行って、ああ、あなたに会えてよかった、と言ってしまった。(笑)すると彼も笑って、日系アメリカ人女性を紹介するよ、と言ってくれた。彼は韓国系アメリカ人だった。その日系アメリカ人女性にすぐに連絡をとってくれたらしく、女性は白人の旦那さんといっしょに私のセッションに来てくれた。あとで、いっしょにレストランに連れていってくれた。初めての夕食になりそうだったが、食べないからだになっているからと心配して、サラダとスープだけごちそうになった。どうやらスプリングフィールドにいるたった一人の日系女性らしい。50年いるという。すごい。仕事が終わったとほっとして、ついこの国のドアホの悪口を言ってしまったが、考えてみると、スプリングフィールドである。この人たち、共和党かもな、と気が付いたが、もうあとの祭り。仕方ない。(笑)それにしても、テレビはやいのやいの、最高裁判事の話ばっかりだった。ああ、女の議員たちめ。そんなにパワーが欲しいか。女たちはみんな知っている、あの大学教授は絶対に嘘はついていないと。だけど、党にノーは言えなかった。あほ。それにしても、ここではっきりと日米の違いに気がついた。あれは誰だったか、お妾さんがいたという理由で、首相の座を追われた人間が何人かいたのでは。それが日本である。こんな人間に首相の役目は務まらない、と、その人間の人間としての価値、尊厳を問うのである。ところがアメリカは。。ポルノ女優に金を払って口封じしたことを、大統領としての人格、器にかけるとは考えないのである。ポルノ女優と不倫しようが、女を襲おうが、それが裁判官や大統領といった人の上に立つ人間の資格とは関係がない、と考えるのがアメリカである。証明され、有罪と確定しない限り、金さえあれば、殺人を犯しても、自由でいられるのがアメリカなのである。げっ、げっ、げっ。うんざりである。スプリングフィールドの日系女性のご主人が法律家だったから、聞いてみた。すると、日本と違って、アメリカはいろんな人間がいるから、一つのモラルを正しい、とはできない、とのこと。げっ、げっ、げっ。その一方で、お金のない有色人種の人間が、えん罪で、死刑を言い渡されることなどはしょっちゅうあることだそうな。警察にはめられ、弁護士が雇えず、英語もできないとなると、そりゃもう、ドアホや酒癖の悪い判事が権力を握ることができる論理の裏返しで、権力につぶされるのである。確かに、日本の、一つのモラルを全員が共有するように強制される社会は息がつまりそうになるが、アメリカみたいに、人間としてのモラルを問うことなく、ただただ金さえあれば好き勝手できるような社会もうんざりである。普段家では日本のテレビしか見ず、ホテルだけでアメリカのテレビを見るが、今回初めてテレビで選挙広告を見た。相手を誹謗中傷するひどいものである。ゲスな国だ、アメリカは。日本は窮屈、アメリカはゲス。じゃあ、次はどこへ。太平洋の真ん中の小さな島にしようか。ゴーギャンの世界??? あるかなあ???(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.