〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年11月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/01/02 新年雑念
2018/12/31 年の瀬
2018/12/25 クリスマスの朝
2018/12/22 どあほめ(怒)
2018/12/19 雑感

直接移動: 20191 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2018/11/24(土) 雑念
無事にサンクスギビングも終わった。いつも東部の実家に行く配偶者が、親が二人とも亡くなってしまって、頼りにしていた姉妹たちからもサンクスギビングのお誘いがなくて、いやがおうでも異邦人とイリノイの家に残らざるを得なくなった。かわいそうに。。(笑)こちらは、サンクスギビングだろうがクリスマスだろうが、いつも家に一人だったから、今さら”お祝い”のふりをする気にもならず、どうでもいいや、と思っていたが、日本人がお正月には餅を食べたくなるのと同じように、どうしてもターキーを食べねばならないようで、配偶者は一羽ではなく、胸の部分だけを買ってきて料理した。アメリカ生活も30年を超えたが、ターキーって、相変らず別に食べたくもないよねえ。。(笑)スタッフィングと赤いクランべり―ソースだけが食べられる。といっても、クランベリーソースの缶は1年中売っているそうだが、サンクスギビング以外で食べようとは思わないから、体に刻み込まれた味覚とそうでないのとではえらい違いである。娘は無事にパタゴニアに飛び立った。無事に帰ってきますように、というだけが親の相変らずの気持ち。年をとったら、旅行もできなくなることを考えると、パタゴニアだろうが北極だろうが、無事に帰ってきてさえくれれば、どこへでもいってちょ、という気分。昔、バイトのお金を貯めて、いろいろ出かけて行った。あの頃の自分がうらやましい。遠い昔のようでもあり、ほんのこのあいだのような気もする。人生は、ほんとに短い。(悲) 人間は記憶で生きると思う。味覚も記憶の一つである。いろんな記憶、思い出がある人間は幸せなのでは。。でも、その記憶すら失われてしまうかもしれぬ。だからこそ、今日の自分を意識できる今この瞬間を大切に大切にして生きるしかない。 日本へ行く前の10月初旬に話ができた、お世話になったおじいさんが、2週間後私が日本から帰ってきて、おみやげを送ろうとすると、98歳の誕生日の2日前に亡くなっていた。こけて、打ちどころが悪かったのだろう、救急車で運ばれたものの、そのまま亡くなったとのこと。大往生である。 94歳のおばあさんに送ったおみやげの小包は、施設には届いたものの、そこから行方不明となった。くそ、職員が猫ばばしたのでは。。どうせ、年寄りで何もわかんないんだから、すぐ忘れるんだから、ぐらいに考えて。。あああ、やっぱり施設入居はだめだ!!足元見られて、何されるかわかったものじゃない。殺されるかもしれないし(怒) きのうだったか、珍しく日本語テレビで日本映画をやっていて、奇妙かつ骨太な映画だったので、けっこうひきこまれて見ていたが、その中の台詞ーああ、これが脚本家が言いたかったんだな、と思った言葉ー**ちゃんは大事なものが多すぎるよ、大事なものはだんだん減っていくんだよ。。そう、欲をそぎ落として、そぎ落として、最後自分に何が残るか。。それが、自分にとってほんとに大事なもの、という意味である。私にとって大事なものー記憶。 記憶を常にかきたて、新しく重ねていくために、つねに五感を全開にしておこうー味覚ーおいしいものを食べよう、視覚ーきれいなものを探して見て、感じよう、聴覚ー美しいもの、日々の音に耳をすまそう、触覚ー歩いて風に触れよう、庭の新雪を踏んだ、あの足の感覚を楽しもう、嗅覚ー出会う人間たちの人生を想像しよう(笑) 日本からのニュースでは、大阪は万博で盛り上がっているようだが、万博こそ五感とはまったく関係がない場所だああ。あるのは人間の欲望のみ。未来のどうたらこうたら、と、青臭い抽象言葉を並べても、しょせん経済開発というお金が欲しいだけでしょ。2020年と2025年は日本へは行けないなあ。。今の京都以上にガイジンの観光客ばっかりの日本はいやだ。。(笑) 味覚以外の五感を満足させられるのは道のごみ拾いに限る。。(笑)そうそう、日産の強欲会長さんにお聞きしたいものだー50億だか80億だかのお金を隠して、で、今さら何がしたかったの。この国のドアホといっしょで、退屈してたんだろうねえ。だから犯罪というスリルを楽しんだわけだ。まあ、ドアホの退屈しのぎは国民いや世界に迷惑をかけてるが、会長さんのは誰にも迷惑をかけてないから、と書きかけて、思い出した、あの強欲おっさんのリストラ方針で、仕事を失った人がいっぱいいるとか。で、自分は80億隠しか。。きったねえ(怒笑) それがあの強欲おっさんの最後に残ったものか? ああ、人間、死ぬまで何があるかわからない。ただただ、終わりよければすべてよし、をめざすしかない。 途のごみ拾いで、五感全開して生ききるぞ。。(笑)

2018/11/09(金) 初雪
朝起きると、窓の外は真っ白だった。初雪である。いよいよ冬がやってきた。どこかほっとしている自分がいる。外に出ない言い訳ができるからかも。(笑)日本から帰ってきて2週間。今回は異常に時差ぼけが軽かった。日本に2週間滞在しても、滞在の最終日でも朝の3じ4時に起きるような状態だったから、要するに体が日本時間になる前に帰ってきたのである。身体が柔軟性を失っているのがつくづくわかる。というわけで、シカゴ時間に戻るのはほとんど時差なしの状態で、さっそくタイコのクラスと高齢者センターのボランティアにも行ってきた。真っ赤なもみじの葉が地面に落ちて、ああ、赤いじゅうたんだ、きれい、と喜んでいたら雪で埋まってしまった。さあ、また来年の春までじっくり洞窟でエネルギーをためよう。。(笑)ここ2日ほど気分がけっこういいのは、中間選挙で、共和党が下院を失ったからだ。ドアホは上院を維持したから「勝った」などと言っている。よかったのおお。まあロシア疑惑でひっかかっても訴追されずにすみそうだから、と、相変らず自分のことだけを考えてのことだろう。ドアホのすることは、すべて、おおい、1億やるから、だれが俺の弁護士になる?と声をかけ、気に入らなかったら、首だ、と脅すだけである。それだけの人生だったのである。金で脅した弁護士と女、だけか。ああ、なんと退屈な金持ちの人生。。それで大統領である。いい迷惑にもほどがある。 はやくやめろ。。(笑)新聞にアジア系男性の死亡記事が出ていた。読むと、韓国の人で、1940年日本生まれとある。徴用されて日本に来ていた人の子供だったのか。韓国で結婚して、アメリカにやってきたらしい。この町には韓国系キリスト教会があるから、ほかにもきっと韓国系の人がいっぱいいるに違いない。洞窟暮らしの私が、外でアジア系の人に会うのはほとんどないので、ちょっと印象に残る記事となった。 やっと普段の生活のリズムを取り戻し、ほっとしているが、まだ週に2回シカゴまでドライブする元気はなさそう。。(笑)というか、身体は毎日少しずつ衰えていってるわけだから、こうやってシカゴまで行く気にならないのがずっと続いていって、そのうち外に出なくなって。。。とこれが老後?(悲)そうだ、雪を言い訳にできるときが花だ!!!じっと我慢でがんばらねば。。(笑)

2018/11/01(木) もみじ狩り
4日ほど前に日本から帰ってきて、どう調整がきいたのかよくわからないが、今のところ、時差ぼけの影響をあんまり受けずに、夜12時就寝朝6時起床の普段のリズムに戻っている。ただまっ昼間に眠たくなる時差ぼけ症状はまだまだ顔を出すが、取りだめしたドラマを見ることで、何とかしのぐ。。(笑)ばたばたの2週間の日本での滞在から無事に戻ってきて、一番うれしかったのは、庭のもみじ狩に間に合ったことだ。真っ赤な深紅のもみじが庭のあちこちに。あと、宝物のだいだい色がかった黄金色のもみじもほんとに美しい。ああ、よかった、間に合った。。この色を見なかったら、何のために半年間、庭でごそごそしたかわかったもんじゃない。(笑)もう今年もあと2ケ月。早いなあ。いやになる。残り少ない深紅や黄色のもみじを楽しんで、また来年をめざすしかない。久しぶりに、近所のスーパーへ行ってびっくり。アジア食品の棚の場所が変わっていて、やっと見つけてびっくり。なんとポッキーやら、UCCのコーヒー缶やら、ラムネやら、どこが作ったものか知らないけれど、海藻スナックやら、なんと牡丹米キャンディーとやら、昔の金太郎みたいな絵が書いてあるキャンディまで売っていた。おまけに、昔のグリコのキャラメルみたいに、箱の先に、おまけ入りの小箱までついているのである。昔、グリコの小箱に入っていたのは、小さなプラスチック製のおもちゃだったような記憶があるが、牡丹キャンディのはシールらしい。その金太郎の絵が懐かしくて、よっぽど買おうか、と思ったけれど、まあ次回に、と思って、今回はUCCのコーヒー缶だけ買った。まさかアメリカで車を運転しながら、UCCのコーヒーを飲むとは。。(笑)缶を見ると、日本製で神戸での製造となっている。おお、がんばってるなああ。。(笑)というわけで、これからは、まずUCCのコーヒーで一日を始めることにしよう。。かなり単純。(笑)でもそれでいい。。人生、顔をしかめて難しいことを考えても、そんなに大きく変わるものでなし。。楽しいのが一番。。ああ、年とったあああ。。(笑)さあ、UCCの缶をもって、今朝ももみじ狩だああ。。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.