〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年2月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/01/02 新年雑念
2018/12/31 年の瀬
2018/12/25 クリスマスの朝
2018/12/22 どあほめ(怒)
2018/12/19 雑感

直接移動: 20191 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2018/02/27(火) 感動!!
きのう、ボランティアに行っている高齢者センターで感動することがあった。涙が出るぐらいうれしかった。アルツハイマーかなにか、とにかくもうほとんど意思疎通はできない。自分から話をすることはない。食べるのも、以前は人のものまで食べて、けんかになってたのに、最近は自分のものすら手をつけようとはしない。でも、椅子から立ってください、と言えば、立ってくれる。こちらの言うことはよくわかる。でも話は一切しない。たいてい黙って眠りこけている。 そんな人が、である。歌を歌ってくれたのである。それも音程は狂わず、パーフェクトである。you are my sunshine とか Hello Dolly とか、あともう一曲私の知らない曲。でも、歌詞を忘れているわけではなく、すごい!!!信じられなかった。回りのほかのクライアントも、静まりかえって聞いていた。みんな信じられなかったのである。ええ、なんでえ、すご〜〜〜〜い、と誰も英語では言わなかったが、みんなそんな顔つきをして聞いていた。歌い終わると、みんながわああと言って、拍手した。人間の脳はすごい。。いったいどうなってるのか知らないけれど、すごくうれしかった。じゃあ、これから毎週、リサイタルしようね、と言うとこっくりとうなづいてくれた。よかった!!! 迎えに来た旦那さんも、歌なんて聞いたことがない、というから、彼の前でも歌った。彼の目に涙が浮かんでいたか、は見えなかったけれど、うれしかったことと思う。一人歌が好きで、よく覚えているおばあちゃんがいて、その人のおかげである。みんなの頭が少しずつでも活性化されて、一分一秒でも、生きてることが楽しく思える瞬間が増えればいいと思って、私はピアノを弾く。他人事ではない。私にも、まもなくそういう時間が必ず来るのだから、今、一生懸命楽しまねば。。それにひきかえ、オリンピックとはなんぞや。やっと終わったそうで、これでまともなニュース番組になると期待したら、なんとなんと選手が帰ってきてからの記者会見やら、地元に戻って、どんなに歓迎されたかを、相変らずえんえんとやっている。あほ。。もう若い人たちの、同じような顔とおんなじような声と文句にはうんざりしている。このごろの選手は、ぺちゃぺちゃ、くだらぬ外交辞令ばっかり平気で並べるのお。。オリンピックに出て、メダルでもとろうか、という人たちは、そういうからだをもって生まれてきているのである。これでもか、これでもかと身体をいじめて、記録を塗り替えることに、性的にも近い快感を覚えているに違いないのである。快感がなかったら、どうやってそんな訓練に耐えられる???で、金メダルをとった、よかったね。で終わりである。もちろん、その直後からまた練習を始めるだろう。身体がそれを欲しているのである。そういう人たちのことを、なんで、こちらはこれでもか、これでもか、と見せられ、聞かせられねばならないのだろう。国会では、働き方改革とかいう、なにやらいつまでも残業させられるような法案が通ろうとしているとか。。スポーツ選手たちの快感よりも、もっと大事な考えねばならないことが山ほどあるだろうに、テレビはまるで、何も考えるな、金メダルを自分のこととして喜べ、喜ばぬ人間は国賊だ、みたいな感じに、同じ情報を流し続ける。うんざり、あっほ。。。(笑)それに比べて、高齢者センターでの感動は。。。今だけ、1回きりかもしれないから、この上もなく貴重である。だって、来週はもう歌ってもらえないかもしれないから。メディアにとりあげられることのない感動。。路傍の花こそ、ほんものの感動である。 金メダルをとれ、とプレッシャーをかけられるような身体能力をもって生まれた人には、まあ、お疲れさま、と一度声をかけるだけで十分である。そういえば、なんとかマラソンで、日本新記録を出した人には、1億円の報奨金が出たとか読んだ。報奨金って何のため、誰のためのもの?? 1億円のために、人は走るの??? スポーツってくだらんねええ。(笑)

2018/02/21(水) 疲れたアア(笑)
UCL#の図書館のウェブサイトに、なにやら見てみたいコレクションがあったから、コレクションの中の箱番号とフォルダー番号を教えれば、その中身をスキャンして送ってもらえるのですか、みたいなことをメールで尋ねた。てっきり、人がやってくれて、メールに添付して送ってくれて、みたいなことを想像していた。ああ、この時代、すべてコンピュータである。 疲れる、疲れる。とにかく、そのあとは全部フォームメールで、ああせよ、こうせよ、と指示が来た。支払いも、支払いの確認を図書館に送り、買ったデータを受け取るのも、ぜんぶログインして、どうのこうの。。ああ、疲れた。。もうこんな時代、いやだ。。で、想像するに、人はこういうごちゃごちゃこざかしい作業ーつまりパスワードがどうのこう、どこそこをクリックして、どうのこうの、を、あのスマホという小さな器械の中でやっているのだろうか。げっ、げっ、げっ。私の大きな指ではあんな小さな画面は扱えないし、あっちこっちをクリクリするのも大嫌い。。。ああ、ゼロックスコピーが懐かしいなあ。コピーしてもらって、それを郵便で受け取るのが楽しかったなああ。(笑)これ以上、くりくり技術が進んだら、私はまったくついていけない。ついていきたくない。。死ぬ!!!(笑)

2018/02/18(日) ばばあの妄想(笑)
今日はいいことがあった。去年の9月、アイオワからバークレーに移った93歳の友達が電話をくれた!!! アイオワの老人ホームがいやで、娘や息子がいるバークレーの老人ホームに移ったのだが、まったくハッピーじゃないという。どうしたん、と聞くと、日本食やらアジア食は一切出ず、アメリカ食ばかりで食べられず、痩せたという。子供たちも、忙しいから、となかなかホームを訪れようとはせず、60年暮らしたアイオワとは違い、友達もいないという。ああああああ。人ごとではない。食べ物のこと、友達のこと。。でもまあ、外でたばこを吸いながら電話くれたようで、まだまだ声に張りがあった。家族に囲まれて、私のことなど忘れたのかも、それはそれで幸せなことだ、と思っていたら、向こうも、私が彼女を忘れたのでは、と思っていたらしい。引っ越しの前にもらった電話番号は、かけてみると変なところにかかるし、今日だって、老人ホームの名前を間違えて教えてくれていた。結局、ネットで調べて、そちらにこういう名前の人はいますか、と尋ねなければならなかった。高齢者と話すということはそういうことである。一切当てにならず。。(笑)でも、とにかく再び連絡ができるようになってよかった。これでまたカリフォルニアへ行く楽しみができた!!! 楽しみといえば、今日は、いつもの行きつけのコピー屋で、おかしな妄想を抱いて、一人にたりにたりしていた。コピーやはインド人経営だが、このごろマネージャーに、若い混血のインド人をおいている。オーナーの知り合いだろう。英語から判断して、アメリカ育ちの二世だろう。膚の色から判断すると、親のどちらかが白人かもしれぬ。とにかくかっこいいのである。(笑)で、今日、私が店に入って、コピーの器械のキーをもらおうとすると、店員の若い白人の女が、私のことなど知らん顔をして、キャッシュマシーンから紙幣を取り出して、金勘定している。で、私が、もう閉店ですか、と聞くと、いや、私のシフトを締めてるだけ、みたいなことを言う。次に誰かが来るのだろう。それでも、私には知らん顔である。お前なあ、という気持ちが出そうになったころに、そのかっこいいインド人の男の子が出てきて、キーを渡してくれた。さすが、やっぱりアジア系だ、それもインド人だ、商売を知っとるのお。客が大事とようくわかっているのだ、と私は一人にこにこ。客のことなど知らん顔している白人女に、お前、そんな調子だと、すぐに首になるぞ、インド人は怖いぞ、と心の中でぶつぶつ。。(笑)次に、コピーを終えて、今度は支払いしようとカウンターへ行くと、あほの白人女、まだ金勘定している。で、相変らず私のことは知らん顔である。コンピューターに向かって何やら叫んでいる。要するに、金勘定して合わないのである。情けない女だ、そろそろ私の中の何かが頭をもたげだしたころに、これまたインド人の男の子がいいタイミングで出てきて、私のキーを受け取り、料金を計算しはじめた。その時である、その白人女が、甘えた声を出して、これ見て、私、こんなにお金が余ってるの。。みたいなことを言った。その声の調子と男の子を見上げている女の顔つきを見て、おお、この女、この男の子が好きらしいな、気色悪い声だしてるけど、このインド人は相手にしてないよ、この美貌を考えると、お前みたいなアホな白人女にはしょっちょう追っかけられてただろうなあ、で、たぶんアホアメリカ人の女にはうんざりしているに違いない。女に甘い声を出されると、彼は、私はあんたより算数ができるから、とそっけなく言った。そう言われた女の顔と言う男の横顔を交互に見ていると、思わず笑みが浮かんできた。へへへ、この女、振られてるぞ、でもアホだからふられてることには気がつかないよな。(笑) 言われた女は、男の顔を、なごりおしげにちらちら見ながらカウンターを離れた。 そうだ、お前なんか首だ。。。と心の中で言っていると、急に、インド人の男の子に、レシートはいりますか、と聞かれてびっくり。で、現実に戻った(笑)日本人のばばあにじろじろ見られて、これまた居心地はあんまりよくはなかったかも???(笑) 今から40年前にインドへ行ったとき、インド人にとってぶさいくな顔は、日本人やら中国人のような東アジア人の顔だと知った。色は黒いけれど、インド人は自分たちを白人と同じアーリアと考えているとも。。。そうだろ、そうだろ、あんた、カッコいいよ。でも、あんたを追っかけたりはしないよ。ご心配なく。2回もインドに行って、わたしゃ、インド人は苦手だ。。(笑)賢い白人女見つけてがんばってね、と一人一人ぶつぶつ思いながら、店を出た。ばばあのつかのまの、くだらぬ妄想。ああ、楽しかった。(笑)

2018/02/11(日) 片づけ
今日、デッキの雪かきをしながら、ふと思った。あと何回冬を経験するのだろう、と。思えば、10回もないかもしれぬ。もしかしたら来年はもうないかもしれぬ。そう思うと、毎日おんなじ冬服を着ているのがばからしくなった。(笑)服は破れたら捨てようが私のポリシーだが、このごろは技術が進んでいるのか、服がなかなか破れない。パンストなんて、昔はすぐに電線が走ったのに、このごろは穴があいても、そこから電線が走らない。お化けみたいな繊維である。(笑)毎日、洞窟暮らしだから、おしゃれする必要もないものだから、毎日おんなじものを着てきた。楽が一番、の発想である。でも、クローゼットにはまだまだ冬服がいっぱいある。長いあいだ着たことのないものもつってある。今年は、セーターすら着なかった。(笑)でも、あと何回冬が来るか、を考えると、クローゼットにあるものをちょこちょこ着て、自分の判断ができるときに着て楽しんで、それから片づけてしまわねば、と考えるようになった。というわけで、まだ破れてはいないものの、母親から結婚祝いだともらった甚平さんとか(ほころんだ縫い目は自分で直してきたが、綿はぺっしゃんこで、特にあったかいとも思わなくなったもの。。笑)とか、友達に大昔にもらった好きでもないブルーのチョッキだけど、着るのがラクチンだけで着続けていたものとか、とにかく20年、30年選手を捨てることにした。なあんかホッとした。。しがらみが消えたような感じ。。。(笑)物は極力買わず、家にある物を使って減らして、自分の身辺を片づけて、最終地に向けて準備を続けるぞ。。。最終地ってどこ???これだけがまだわからん。。ああああああ(笑)

2018/02/09(金) 肩すかし
2、3日前から、大雪が来る、来る、と言われていた。おかげで、今日は学校も大学も休みである。朝、起きてみると。。。学校閉鎖するほど降りはしなかった。1フィートになるとか言ってたのに。。何これ。。(笑)でもまあ、運転してどこかに出かけたくなるような天気ではなし、学校が休みだからだろうか、今回は若い子たちが来て、ドライブウェーの雪かきをしてくれた。日本でも大雪だったそうで、毎日毎日、トラックが立ち往生している同じ絵を見せられた。で、思ったことー日本では塩まき車は出ないのだろうか。こちらでは、雪が降り出すと同時に、塩まき車が出て、塩をまきはじめ、雪が積もりはじめると、すぐ雪かき車が出動するから、あんまり車が何百台も立ち往生して、みたいな光景は見ないなあ。。雪がどんなに降っても、道だけは最低限走れるようになっている、みたいな感じである。あと、雪かきをしていて亡くなる高齢者のニュースを聞くたびに、雪かき業はないの、と思ってしまう。こちらは、屋根に積もったではなく、ドライブウェーの雪かきすらできなくなったから、ここ数年プロを雇って、楽をしている。プロはそれなりの道具をもっているから、ぱっぱっとやってくれる。雪かきは、お金を払う価値があると考えてしまう。(笑)なんで日本では、高齢者を屋根の上にあがらせるのだろう。わからん。小学校で、アルマーニだかシャネルだかの制服を子供に着せようとする校長と同じくらい、わからん。。(笑)でも、今週は一度もシカゴに出かけてないので、少しいらいらしてきた。運転はしんどくなってきたけれど、やっぱり丸一日”洞窟”という時間が続くと、息苦しくなってくる。雪の肩透かしにあって、一面はまっしろでも、道はきれいだから、どっかへ行ってこようかなああ。。ウィスコンシンでも走ってこようか???(笑)

2018/02/05(月) ロックアウトとAIとか。。。
このあいだ、生まれ初めての経験をした。家から閉め出されたのである。知らぬまに、誰かが(自分以外に誰がいる???笑)ドアノブを回していたみたいで、出かける直前に、コンポストを捨てとこ、と思って外に出て、今度家のなかに入ろうとするとドアがあかない。げっ。。外は零下15度ぐらいの世界である。一生懸命、鍵をかけてない窓はないか、と考えたが、そんなことは高校生だった娘がしてたことで、この冬ど真ん中では、どの窓もきっちり鍵をかけて、冷たい外気が入ってくるのを最小限にしようとしている。携帯電話も家のなかだし、助けを呼ぶこともできない。いつまでもこの寒気の中に立っていても仕方ないから、ドライブウェーに車が止まっている、行ったことのない近所の家に出かけていって、助けを求めた。見たこともない、ましてや挨拶もしたことのない女の人だったが、いい人で、早く入って、入って、と中に入れてくれ、すぐに電話を使わせてくれて、配偶者を呼び出して、ドアをあけてもらった。あああああ。携帯と家の鍵はいつも持ち歩け、と言われてしまった。いつも持ち歩くって、首から小さな袋でもつっておけということか。ああああ、いよいよおばあさんだ。。でも、小さな袋をどこかに置き忘れたらどうするのよ、という心配もせねばならぬ。。。”高齢者”とのレッテルがますます近くなった。テレビで、AIの話を聞いた。高齢者の介護をしてくれるロボットができているそうな。へたに人間としゃべるより、ロボットと話すほうが楽しいという高齢者もいるそうな。私が欲しいロボットは掃除ロボットである。ルンバというそうだが、1000ドルぐらいするそうな。ちょっと高いなああ。(笑)日本は人口減少が進むから、AIが進化することはいいことなのでは。。でも、そのうち現金もなくなって、スマホとやらで決済するとか聞くと、やっぱり間違っていると思ってしまう。人間は五感で生きる。五感で幸せを感じる。 手が切れそうな新札の感覚とか、においとか、そういう部分が全部消えてしまったら。。ゴミ拾いで1ドル札を拾う喜びも消えてしまったら、生きる喜び半減である。(笑)ーAIロボットには、五感とか感情はわからないそうな。ふ〜〜〜ん。ようわからんけど、ルンバに、あのくりくりしたまあるい大きな目がついて、何かしゃべってくれるなら、やっぱりほしいなあ。。そのくらい掃除が嫌いである。(笑)

2018/02/01(木) 医者
私のことを好いてくれるお医者さんが世界でたった一人いる。(笑)2010年の誕生日に、穴のあいた網膜の手術をしてくれた眼科医である。今日、一年で一度のチェックに行って、今日もにこにこと、you are one of biggest successと喜んでくれた。だから、私も、先生はもう手術をしないと聞きました、ほんとですか、と、えらくフレンドリーに話しかけると、先生も、はい、3年前にやめました、35年もやったからもういいだろうと思いました、とフレンドリーな返事。で、私が、先生に出会えてほんとによかった、すごくラッキーでした、と珍しく医者をほめると、先生も、いやいや我々二人ともラッキーだったんですよ、とこれまたフレンドリーな返事。。。信じられない。。(笑)要するに医者も、失敗したらどうしよう、と大きな不安を抱えている人間に過ぎないということだ。それでも、やらねばと使命感に燃えねばならぬ大変な仕事である。。眼のほうは、今日も問題なし、とのことで、やったああ。。ほんとにラッキー、感謝である。先日、ボランティアに行くと、年末に駐車場でいっしょにたばこを吸った在日韓国人の男性が、就寝中に亡くなった、と聞いた。スタッフがもたもたしていると、ぼけ〜〜〜と関西弁でぶつぶつ言ってた人だった。二人で、関西弁でごちゃごちゃ言うのが楽しかったのに、あの人も消えちゃったんだ。。さみしいことだ。。私にたばこをくれたときは、これで病気になった、って恨まんといてよ、と言い、たばこに毒仕込んでるわけじゃないでしょ、と私が返し、それはそれで楽しかった時間だったのに。。ほんとに人の命なんてはかないものだ。一日一日を大事に生きるのみ。それにしても、月曜火曜と二日続けてシカゴに行くと(月曜はホテルに泊まった)3日目は家で疲れがとれなくなってしまった。確実に年をとっているのが感じられる。身体に粘りがなくなっているのだ。これまたさみしいなあ。。(悲)とにもかくにも、自分に与えられているものー体を使い切るのみである。ぼちぼちがんばることにする。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.