メルリンカートの気まぐれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年6月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2017/08/16 ポリジーン遺伝
2017/08/14 掘り出し開始!!
2017/08/06 マスコさんと
2017/08/02 週末は撮る
2017/07/21 アオバト撮影

直接移動: 20178 7 6 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 月 

2015/06/22(月) おったで!!
土日は採集へと行ってましたが、帰宅は午前様になってしまいました。
でもオオクワおったで、疲れも飛びますな。

2015/06/15(月) デビュー戦
ここのところ、毎日のように採集報告を頂くのだが行けないので、もどかしい。
もうオオクワ飛んでいるようですね。シーズン始めはオス率高いので、なんとも羨ましい。

さて、次女が柔道をやり始めて約1年、ルールも受身も覚えてきたので試合デビューしました。
思いっきり緊張していましたが、始まると攻める攻める!
で、その勢いで投げられて一本取られてしまいました。本人は勝てる気満々であったようで、終わった後悔し涙。
まだ小学2年生、先は長いですから、これからどう成長するかですね。

さてさて、羽化も始まってきました。
ビン越しに凄い大きな個体が完品羽化したので期待していました。
今年は隣家の工事も無いし、心配事はない。と思っていたのですが、羽化して3日目でお尻が黒くなってきて、翌日☆になりました。
掘り出してみると86mmは余裕に超えてます。星になると間延びさせると、サイズがいくらでも稼げますので、そうならない状態で測定しても86mmは超えている、87mm近い。
頭幅も30mm近くあり、なんとも残念な結果になってしまいました。今は気が乗らないので、写真は撮っていません。
蛹化のタイミングがばらついているので、大き目の個体の羽化はこれからです。
久留米の86mmクラスは年に1頭出会えるかどうか!今年はこれが一番では無いことを願って、これから迎える羽化ラッシュに期待したい!

2015/06/08(月) 樹液場
土曜日にマツノインセクトへと菌糸ビン取りに行きました。
最近は息子さんがビン作り手伝っていて、土曜日に殺菌釜が働いていました。
殺菌釜見ていると、自作菌糸ビンって夢あるなあとふと思ってしまった。
以前は自宅で菌糸ビンを作っていましたが、あまりにも効率悪いので、最近は全く作っていません。今やれば自作で85mmは羽化させられるかもしませんね。
意外かもしれませんが、二次発菌のときは添加剤を多く入れると菌が回りやすくなったりしますが、一次発菌は逆です。入れすぎると、菌の回りが悪くなり培養に時間がかかります。
しかし何時までこのオアシスは手に入れることができるでしょうかね。

ブリードばかりでは居ても立ってもいられず、昨冬に見つけたクヌギ林へ向かいました(笑)ここはオオクワはまあ居ない場所です。半袖半ズボンでそのまま突入すると、蜂さん登場!
気にせず洞見るとボクトウガの幼虫がこっち見てる。でも顔色が悪くって、紫色している。ってのは冗談でこいつは元々紫なんです。
触ると噛み付いてくるんで、息吹きかけてやったら木の中にもぐっていった。こいつは樹液を出して虫を集めて食べる肉食です。
樹液が出ている洞には……大歯!!コクワのね。これ見たら少し気持ちも落ち着いたのだが、体中蚊に刺されてしまったよ。

でも、まだ何か足りない。と言うことで、夜は家族連れてホタルを見に行きました。結構な数飛んでいましたが、人の数も凄くって。

まだ割り出しこれからって時ですが、山に行きたい(汗)

2015/06/04(木) 羽化のばらつき
いよいよ6月に入って採集もブリードも本格的なシーズンに突入です。
思い通りにならない産卵ですが、1メスが産卵セットの中で★に。有精卵っぽいのを産んでいましたが、数はほとんど採れないだろうな。
久しぶりに再ペアリング中の事故もあり、こちらもメスが★に。この2つは回避が難しいですからね。気を取り直してリカバリーです。
少しはいいこともないと、と菌糸ビンを覗くと3頭オスが羽化していて全て完品でした。
今年は例年にも増して蛹化のタイミングがバラついています。セミ化になるのかと思いましたが、最近になって蛹室作り始めたりしています。
こうなってくると羽化は8月になる個体が例年より大きく増えますね。
2014シーズンは飼育方法を変えた部 分が多いので、これが影響している可能性が高いですが、キノコも暴れもほとんどありませんでしたから、これで羽化不全も少なくなってくれれば、羽化時期のバラつきなんて、たいした問題ではないです。

まだ羽化報告は頂いておりませんが、今年は何mmが羽化してくるでしょうかね。
久留米血統は血統背景はもちろん重要ではあるのですが、それだけで85mmオーバーが羽化するかというと、そう簡単にはなりません。
飼育情報がこれだけあふれていても、個々の飼育方法の違いで差はでると感じます。だからこそ、大型を目指す意味はあるとは思います。
幸いなことにブリードは2年サイクルです。飼育がうまくなるために、1年は超大型目指して、次の1年は実験の年でもいいじゃないですかね。
ただ、毎年でなくても結果は出していかないと、この趣味はサイクルが長いだけに、オリジナル血統を作るのは難しくなります。

さて、ブリードは大忙しなんだが、そろそろ採集へ行きたい。こればっかりは行きたいんだから、行くしかない。
外せない用事もあるので、どう時間を作ろうかな。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.